顎関節症・かみ合わせ

HOME > 顎関節症・かみ合わせ

顎関節症・かみ合わせ治療について

あなたも顎関節症かもしれません

最近、20代~30代の女性を中心として、全国的に顎関節症の患者様が増えて来ているようです。
顎関節症とは顎関節や顎の筋肉などあご周辺に起こる慢性疾患の総称です。あごが痛い、あごが鳴る、口を大きく開けられないなどの症状が続く方は、顎関節症かもしれません。

顎関節症はかみ合わせが正しくないために起こりますが、発症の原因はかみ合わせの異常だけとは限らず、最近ではストレスなどが原因となることも分かって来ました。精神的な緊張から歯ぎしりや食いしばりを起こして顎関節症を発症し、やがて歯の痛みや肩こり、手足のしびれなどを併発する方もいらっしゃるようです。
あごやかみ合わせに違和感を覚えたら顎関節症のおそれがありますので、早めに歯科医院にご相談にいらしてください。

顎関節症・かみ合わせ治療の流れ

顎関節症・かみ合わせ治療の流れ

顎関節症・かみ合わせ治療は、原因によって適切な治療法が異なります。
当クリニックでは最初にカウンセリングや検査を行い、何が原因で痛みや機能障害が起こっているのかを判断し、必要に応じて適切な治療を行って行きます。

ナイトガード治療 プリント治療 低周波治療

医科歯科連携の顎関節症治療

当クリニックでは、併設の医科と連携した総合的な歯科治療を行っております。
顎関節症の原因がかみ合わせにある場合は、一般的なかみ合わせ治療だけではなく矯正歯科の観点から歯列改善が有効と診断した場合は矯正治療のご提案をいたします。不良補綴(適切に処置されていない詰め物や被せ物)が原因の場合は審美歯科(セラミック治療)の担当医の意見も容れ、ストレスなど精神的な要因が大きい場合は併設の医科と連携してカウンセリングを行うなど、様々な原因に対応することが可能です。

ページトップへ戻る

ナイトガード治療

歯ぎしりや食いしばりの癖があったり、かみしめが強い方は、顎に負担がかかって顎関節症を発症することがあります。歯ぎしりや食いしばりのことをブラキシズムと言いますが、ブラキシズムの治療にはナイトガードというマウスピースを用い、歯や顎にかかっていた負担が軽減させて改善をはかります。

ご自分が歯ぎしりや食いしばりの自覚がない方がほとんどですが、睡眠中など無自覚に歯ぎしりや食いしばりを行っている方は非常に多く、歯や顎に大きな負担がかかります。ブラキシズムの癖がある方は顎が痛い・口が開かないなどの顎関節症だけではなく、歯そのものの破壊(歯が欠ける、割れる、根元がグラグラしてやがて抜けてしまう)のリスクも高くなります。
ナイトガードには「歯を守る」という目的もあります。

ページトップへ戻る

スプリント治療

プレート(スプリント)

顎関節症は顎位やかみ合わせに何らかの不調があることが原因で起こるため、ほとんどのケースでは最初に保険のプレート(スプリント)でかみ合わせや顎の位置の改善をはかります。

保険のスプリントはソフトタイプのもので、一定の期間を置きながら少しずつ調整を行い、かみ合わせのバランスを補正して行きます。かみ合わせのバランスが悪く、特定の歯だけかみしめが強くなっているとスプリントの一部が削れて跡がつきますので、その部分のかみ合わせ調整を行います。

スプリントを使用することであごや歯にかかっていた過度のストレスを軽減し、痛みや筋肉の緊張などを緩和することが出来ます。ソフトスプリント治療で痛みなどが改善されない場合は、かみ合わせ以外の原因が考えられます。

保険外のハードスプリント治療

場合によっては、第二段階の治療としてハードプレート(ハードスプリント)を使用し、下あごの顎位の正常化をはかることがあります。

ページトップへ戻る

低周波治療

顎関節症の痛みのひとつに、あごの筋肉(咀嚼筋)の痛みがあります。かみ合わせが悪いことであごや筋肉に負担がかかり、筋肉の緊張から痛み生じています。
また、筋肉が緊張して固まっていることで、顎が正しい位置に動かないこともあります。
こういったケースではマッサージをしたり、低周波治療で顎の筋肉の緊張を緩和させることが効果的です。

ページトップへ戻る