義歯

HOME > 義歯 > アタッチメント併用デンチャーについて

アタッチメント併用デンチャーについて

アタッチメント併用デンチャーは、患者様ご自身の歯の根(歯根部)を固定源とする義歯(入れ歯)治療です。本来は抜歯をしてしまうようなケースでも歯を残すことが出来るだけではなく、ガタつかず見た目も良い義歯(入れ歯)を作ることが出来ます。

テレスコープデンチャーの土台
テレスコープデンチャーの土台

虫歯の進行が進んで歯冠部(歯肉よりも上部に出ている部分)のほとんどを失った場合、一般的には抜歯をしますが、当クリニックでは歯根部(歯肉の中の部分)を義歯(入れ歯)の土台として残す治療が可能です。

残存歯根の本数やお口の状態、患者様のご希望等により、テレスコープ(コーヌスクローネ)デンチャー磁石アタッチメントデンチャーバーアタッチメントデンチャーの三つの治療法があります。

※歯根を残せない場合は、インプラントを土台とするインプラント併用デンチャーをお選びいただけます。

アタッチメント併用デンチャーは、単なる噛む機能の回復だけを行うことだけを目的としている義歯(入れ歯)ではなく、特別な処置や治療が必要となりますので、保険が適用出来ません。保険外治療として治療費が高価になりますので、ご了承ください。

テレスコープ(コーヌスクローネ)デンチャー

テレスコープ(コーヌスクローネ)デンチャー

茶筒のふたのように、内冠と外冠をはめ込んで摩擦で維持する、取り外しが可能な義歯(入れ歯)です。
患者様ご自身の歯根に被せた金属の内冠を土台にしますので、ずれたり外れたりせず、噛み心地が良い義歯(入れ歯)です。

内冠と外冠がぴったりと合うよう精密さを求められる義歯(入れ歯)で、歯科医師の高い治療技術と歯科技工士の高い技工技術の両方が揃っていなければ作ることが出来ない非常に難しい歯科治療です。そのため、テレスコープ(コーヌスクローネ)デンチャーを取り扱っている歯科医院は極めて少なく、他の歯科医院でお断りをされた患者様からセカンドオピニオンや再治療のご相談をいただいています。

歯科技工所を併設している当クリニックでは歯科医師が直接歯科技工士に細かな指示を出せるため、テレスコープ(コーヌスクローネ)デンチャーに限らず、精度が高く良質な歯科技工物をお作りしています。他の歯科医院では不可能と言われた症例でも、当クリニックではテレスコープ(コーヌスクローネ)デンチャーでの治療が可能かもしれません。

テレスコープ(コーヌスクローネ)デンチャーの特徴

クラスプを使用しないため、見た目が良く義歯(入れ歯)を入れていることに気づかれにくいのはもちろん、残存歯にかかる負担を軽減し、残存歯の寿命が比較的長くなります。
患者様ご自身の歯(歯根)を土台とする内冠にぴったりと合わせて維持させますので、食事の際にもガタついたりはずれたりせず、ストレスを軽減できることも大きなメリットです。

高い治療技術力を必要とする特殊な義歯(入れ歯)のため、トラブルが起こった際に対応できる歯科医院が少ないことがデメリットとなりますが、取り外し式であることから、万一土台となっている歯にトラブルが起こっても、全てを作り直す必要はありません(外冠と義歯部分はそのまま使用できることがあります)。

ページトップへ戻る

磁石アタッチメントデンチャー

磁石アタッチメントデンチャー

義歯(入れ歯)に磁石を埋め込み、歯根側に取り付けたキーパーと言われる金属を引き寄せて安定させる義歯(入れ歯)です。金具を必要とせず、比較的噛み心地も良く違和感が少ないという特徴があります。

磁石は小さなものですが強力な磁石ですので、咀嚼に十分耐え、しっかりと安定させることが出来ます。

磁石アタッチメントデンチャーの特徴

磁石の力で自然に維持されるため、取り外しが簡単で扱いやすい義歯(入れ歯)です。
強力な磁石を使用していますが、テレスコープデンチャーやバーアタッチメントデンチャーと比べると維持力が弱いため、強い力が加わると外れてしまうことがありますが、逆に土台となる歯根に無理な力がかかることがないというメリットにつながります。

ある程度の本数の歯根が残っている方、磁気アレルギーのない方にしか適用できませんが、クラスプを使用する一般的な義歯(入れ歯)よりも安定感があり、ストレスを軽減することが出来ます。

※磁石を使用するため、MRI検査を受けられる際は事前に歯科医院での処置が必要となります。病院で磁石アタッチメントデンチャーを使用していることを伝え、担当医から指示を仰いでください。
※歯根が残っていない方は、インプラントを併用する磁石アタッチメントデンチャーでの治療が可能です。詳しくは担当の歯科医師にご相談ください。

ページトップへ戻る

バーアタッチメントデンチャー

バーアタッチメントデンチャー

患者様ご自身の歯(歯根)に金属のバーを取り付け、義歯(入れ歯)に埋め込んだ金具(クリップ)と連結させて安定させるため、バーアタッチメントデンチャーと言います。取り外し式ですが、歯根をバーでつないだ歯根がしっかりと義歯(入れ歯)を支えますので、ガタついたりはずれたりするストレスはありません。

ご自身の歯(歯根)を固定源として使用しますので噛み心地が良く、違和感が非常に少ない快適な義歯(入れ歯)です。

バーアタッチメントデンチャーの特徴

金属バーでの連結に耐えうるだけの歯根が残っている方にしか適用できませんが、従来の義歯(入れ歯)治療では抜歯となっていた歯を残せる機会が増え、またクラスプを使用する義歯(入れ歯)よりも違和感なく噛めるようにできるというメリットがあります。

※歯根が残っていない方は、インプラントを併用するバーアタッチメントデンチャーでの治療が可能です。詳しくは担当の歯科医師にご相談ください。

ページトップへ戻る