義歯

HOME > 義歯 > 部分義歯(部分入れ歯)治療について

部分義歯(部分入れ歯)治療について

部分義歯(部分入れ歯)

欠損歯が少ない(1本~数本)の場合は、一般的には欠損部位の両隣の歯に連結冠を取り付けるブリッジまたは、人工歯を取り付けた義歯床を金具で固定する部分義歯(部分入れ歯)で治療を行います。
ブリッジは欠損部位などによっては使用出来ませんが、部分義歯(部分入れ歯)は固定するための歯が1本でも残っていれば使用でき、適用範囲が広いのが特徴です。

保険の部分義歯(部分入れ歯)

保険適用の部分義歯(部分入れ歯)は、人工歯と義歯床(人工歯を並べた土台)がレジン、義歯(入れ歯)を固定するためのクラスプは金属製のものになります。

保険が適用されるため比較的安価でお作り出来ることと、印象採取(歯型取り)を行ってから短期間で仕上がることが出来るというメリットがあります。

保険の部分義歯(部分入れ歯)の限界

保険の部分義歯(部分入れ歯)は固定源となる歯に針金(金属クラスプ)を取り付け、見栄えが良くないことから、部分義歯(部分入れ歯)を入れることに抵抗を感じられる方がほとんどです。
健康な歯を固定源にすることで過度な負担がかかり、固定源の歯の寿命を縮めてしまうことがあります。また、クラスプ部分の歯は段差が出ないように削ることがあり、虫歯のリスクを高めてしまうこともあります。
レジンという性質上、強度を出すために義歯床(土台)を厚めに作らなければならないことも、お口の中で強い違和感になったり、重さを感じたりしてストレスにつながります。

クラスプが目立たない部分義歯(部分入れ歯)、薄くて違和感が少ない部分義歯(部分入れ歯)をご希望の方は、保険外の部分義歯(部分入れ歯)をお選びください。
また、周りの健康な歯に負担をかけたくないとお考えの方は、インプラント治療をおすすめいたします。

ページトップへ戻る

保険外の部分義歯(部分入れ歯)

白いクラスプ(ホワイトクラスプ)の部分入れ歯

保険の金属クラスプ
保険の金属クラスプ
白いクラスプ
白いクラスプ

保険外治療であれば、部分義歯(入れ歯)の金具を歯の色に近い白い樹脂で作ることが出来ます。
※従来の金属クラスプを白いクラスプに取り換えることが出来ます。

保険の部分義歯(部分入れ歯)と比べるとかなり目立たず、見た目を良くすることが出来ますが、金属クラスプと比べると強度が劣りますのでクラスプ自体が太目に作られており、全く目立たないというわけではありません。
高い審美性を求められる方は、金具を使わないノンクラスプデンチャーまたはインプラント治療をお選びください。

白いクラスプの部分義歯(部分入れ歯)の特徴

義歯を固定するクラスプ部分が弾力のある白い樹脂で出来ているため、部分義歯(部分入れ歯)を入れていることに気づかれにくいだけではなく、固定源となっている残存歯を傷つけにくく過度な負担もかかりにくくなります。
また金属アレルギーの心配もありません。

金具を使わない部分入れ歯(ノンクラスプデンチャー)

樹脂の弾力を利用して歯肉にフィットさせ、金具を使わずに固定する部分義歯(部分入れ歯)です。歯ではなく歯肉を固定源としますので非常に目立ちにくく、金具で歯を傷つけたりする心配がありません。

全体が樹脂製でズレにくくなっていますが、樹脂の性質上、破損した場合は全て作り直しとなります。また素材自体の寿命が短く(2~3年程度)長期の使用には適していません。

ノンクラスプデンチャーの特徴

弾性の高い特殊な樹脂を使用しているため、保険の樹脂の部分義歯(入れ歯)よりも薄く違和感なく作ることが出来ます。また、樹脂の弾性によって咬合圧が緩和され、残存歯に過度の負担をかけることもありません。
特殊な樹脂を使用するデメリットとしては、破損の際に一部補修が出来ないこと、寿命が短いこと、手入れに注意が必要なこと(一般的な入れ歯洗浄剤(塩素系・漂白系)を使用すると破損・変質の恐れがある)などが挙げられます。

金属床を使用する薄い部分義歯(部分入れ歯)

歯肉に接する床部分が金属製の部分入れ歯です。
保険の樹脂製の部分義歯(部分入れ歯)よりも強度があるため薄く違和感なく作ることが可能です。
また樹脂とは異なり食べ物の熱さや冷たさを感じることが出来るため、保険の部分義歯(部分入れ歯)よりも食事を楽しむことが出来ます。

金属を使用するため、金属アレルギーをお持ちの方には適しません。事前に併設の医科でアレルギーテストをお受けください。

金属床を使用する薄い部分義歯(部分入れ歯)の特徴

金属床にはコバルトクロム床・チタン床・白金加金(プラチナを添加した金合金)床をお選びいただけます。チタン床はコバルトクロム床の1/4程度の重さでより違和感が少なく、白金加金床は加工がしやすくお口にぴったり合った床を作りやすいという特徴があります。
いずれの金属床についても、その金属に対してアレルギーをお持ちの方には適用できません。最もアレルギーリスクが低いものは白金加金床ですが、常にお口の中に入れておくものですので、必ず事前にアレルギーテストをお受けください。

ページトップへ戻る