義歯

HOME > 義歯 > 総義歯(総入れ歯)治療について

総義歯(総入れ歯)治療について

義歯(入れ歯)

全ての歯を失ってしまった場合は、人工歯を取り付けた義歯床を口腔内の粘膜に吸着させて支える総義歯(総入れ歯)を用いて噛む機能を回復させます。

保険の総義歯(総入れ歯)

保険で総義歯(総入れ歯)を作る場合は、人工歯・義歯床ともにレジン製のものとなります。
ほとんど全ての症例に適用出来、比較的安価で、また短期間で完成するというメリットがあります。
破損した際に修復しやすいというのも、レジン製の総義歯(総入れ歯)の特徴です。

保険の総義歯(総入れ歯)の限界

固定源がなく、粘膜で吸着して支えているため安定感がなく、噛み心地が悪いことが患者様にとって最も大きな不満となっています。
またレジンという性質上、強度の問題から全体的に厚くなってお口の中で強い違和感となるだけでなく、熱伝導が悪いため食べ物の熱さや冷たさを感じることができず、食事がおいしくなくなったと感じる方が多いようです。
毎日きちんと手入れをしていても、臭いを吸収しやすい性質のため、長期間使用すると臭いが取れなくなって口臭が気になるというのも、保険の総義歯(総入れ歯)をお使いの患者様にとって大きなストレスとなるようです。

外れにくくしっかりと噛める総義歯(総入れ歯)をご希望の方は、アタッチメント併用デンチャーまたはインプラント併用デンチャーをお選びください。
違和感が少なく、食べ物の熱さや冷たさを楽しみたい方は、金属を使用する薄い総義歯(総入れ歯)をお選びになられています。
また臭いが気になる方には、臭いの付きにくい総義歯(総入れ歯)をおすすめしています。

ページトップへ戻る

保険外の総義歯(総入れ歯)

臭いのつきにくい総入れ歯

従来の素材
従来の素材
イボカップシステム
イボカップシステム

特殊で精密な技術(イボカップシステム)で作った高密度な素材を使用することで、臭いのつかない義歯(入れ歯)を作ることが出来ます。

保険の義歯(入れ歯)が臭うのは、義歯(入れ歯)の素材が水分や汚れを吸収しやすい樹脂だからです。素材の奥まで吸収された臭いの元は洗浄剤を使用しても落とすことができなくなり、こまめに手入れをしている方でも時間が経つと臭いに悩まされることになります。
イボカップシステムは真空状態で加圧することで素材の密度を高くし、臭いや汚れを吸収しにくくしました。

イボカップシステムで作製した入れ歯の特徴

高密度で臭いがつきにくく変色しにくいだけではなく、精度が高くフィット感やかみやすさの点で非常に優れた義歯(入れ歯)をお作りすることが出来ます。
また強度もあり、一般的な樹脂の義歯(入れ歯)よりも薄く違和感なく作ることが出来ます。

金属を使用する薄い総入れ歯

金属を使用する薄い総入れ歯

歯肉に接する部分が金属製の総義歯(総入れ歯)です。
強度に優れ、保険の樹脂製総義歯(総入れ歯)よりも薄く作ることが出来ますので、お口の中での違和感が軽減されます。

金属と言う性質上、破損の際には修復が困難であること、体質によっては金属アレルギーのリスクがありますが、熱伝導の高さから、食べ物の熱さや冷たさを感じながら食事を楽しむことが出来るというメリットがあります。

金属を使用する薄い総入れ歯の特徴

樹脂製の総義歯(総入れ歯)よりも薄く作ることが出来るため違和感が少なく、しゃべりやすい、噛みやすいなどの機能的な面でもより快適になります。金属部分は汚れにくく、臭いなども付きにくいというメリットもあります。
お選びいただける金属はコバルトクロム床・チタン床・白金加金(プラチナを添加した金合金)床で、使用する金属によっては金属アレルギーのリスクがありますので、必ず事前にアレルギーテストをお受けください。

ページトップへ戻る