義歯

HOME > 義歯

義歯(入れ歯)治療について

虫歯や歯周病(歯槽膿漏)で歯を失ってしまった場合、ブリッジか入れ歯(義歯)または保険外のインプラント治療で欠損を補います。
ブリッジの場合は残存歯の本数や状態によって適応できないケースもありますが、義歯(入れ歯)の場合はほとんど全ての症例に適応出来ます。

保険の義歯(入れ歯)と保険外の義歯(入れ歯)の違い

入れ歯(義歯)のメリットのひとつに、ほとんどの症例に適用できるということが挙げられます。
保険では使用できる素材に制限がありますが、保険外治療であれば、入れ歯(義歯)のデメリットとして挙げられる「がたついたり外れやすい」「食べ物が挟まって痛い」「見た目が悪い」と言った点をカバーすることも可能です。
ご予算やご希望に合わせてお選びいただいておりますので、それぞれの特徴などの詳しい説明をお受けください。

保険の義歯(入れ歯)

ほとんどの症例で使用することが出来ます。
使用出来る素材は、部分義歯(入れ歯)の場合は人工歯と床がレジン製で固定金具には金属を使用、総義歯(入れ歯)の場合は全てレジン製となります。

保険が適用のため比較的安価(保険3割負担の場合、総入れ歯片顎で約1万円程度)で作ることが出来るというメリットがありますが、素材の性質等から精密な物を作ることが難しく、外れやすかったり違和感が大きかったりするというデメリットもあります。

保険の部分入れ歯
保険の総入れ歯

保険外の義歯(入れ歯)

保険外治療であれば、患者様のご希望に最も近い義歯(入れ歯)をお作りすることが可能です。
保険の義歯(入れ歯)で最も多いご相談は、ガタついたり外れやすかったりして噛み心地が悪い事です。また、保険の義歯(入れ歯)は人工歯を支える床がレジン製であることから強度を持たせるために厚めに作る必要があり、特に上顎全体を覆う総義歯(総入れ歯)において違和感が強いことにストレスをお感じになられる方が少なくありません。

また保険のレジン義歯(入れ歯)は臭いがつきやすく、変色もしやすいことから、審美性が高く、より快適な義歯(入れ歯)をご希望の方は保険外の義歯(入れ歯)をお選びになられています。

保険外の部分入れ歯
保険外の総入れ歯
アタッチメントを併用した入れ歯治療
インプラント治療を併用した入れ歯治療

ページトップへ戻る

インプラント治療との比較

義歯(入れ歯)に代わる欠損治療として、当クリニックではインプラント治療をおすすめしています。
義歯(入れ歯)は適用範囲が広く、比較的安価に作ることが出来ますが、装着感や安定感が劣るというデメリットがあります。インプラントは見た目も噛み心地も天然の歯同様に回復できるためストレスが少ないというメリットがありますが治療費が高く、適用症例に制限がある、定期的なメインテナンスが欠かせないなどのデメリットもあります。

どちらが適しているかは、患者様がどのようなご要望をお持ちかで異なります。
それぞれの特徴をよくご理解の上、お選びください。

  義歯(入れ歯) インプラント
  義歯(入れ歯) インプラント
費用 保険適用のものであれば比較的安価です。
保険外のものは治療費が高くなります。
保険が適用されないため、治療費が高くなります。
適用範囲 ほとんどの症例で適用可能です。 骨密度が低い方、感染症のリスクが高い方には適用出来ません。
また、骨量が少ない方は骨再生療法の併用が必要です。
噛み心地 取り外し式のため、ブリッジやインプラントと比べると安定感が劣ります。 固定式のため、天然の歯と変わらない噛み心地を再現出来ます。
違和感 全体的に大きな構造をしているため違和感が大きく、しゃべりにくいなどのストレスを感じやすい。 人工物の量を最小限に出来るため、違和感がほとんどありません。
審美性 審美性が高い保険外の義歯(入れ歯)であれば気づかれにくいですが、保険のものは義歯(入れ歯)であることに気づかれやすい。 審美性が高い保険外の義歯(入れ歯)であれば気づかれにくいですが、保険のものは義歯(入れ歯)であることに気づかれやすい。
機能性 安定性に劣り、硬い物や弾力のある物が食べにくくなります。 ズレたりはずれたりせず、発音や咀嚼を阻害することなく自分の歯のように噛めます。
持続性 支えとなる歯や顎の骨に過度な負担がかかるため、歯肉の痩せによって合わなくなることがあります。 きちんとしたケアが出来ていれば、数十年の使用例があります。歯肉の痩せに左右されることはありません。
ケア 取り外し式のため、歯肉と義歯(入れ歯)の隙間などの手入れがしやすいですが、義歯(入れ歯)自体の手入れが難しく、汚れが残ってしまうことがあります。 天然の歯と同じようにブラッシングやフロスでの手入れが可能です。
磨き残しから周囲炎を発症することがありますので、定期的なメインテナンスが必要です。
残存歯への影響 部分入れ歯の場合は隣接の歯を固定源とするため、残存歯に過度な力が加わって傷つけたり寿命を縮めてしまうことがあります。 人工歯の固定源となるインプラント体は顎の骨に直接埋入するため、残存歯を傷めたりする心配はありません。

ページトップへ戻る

治療の流れ

義歯(入れ歯)治療の流れ

長く快適に義歯(入れ歯)をお使いいただくためには、適切な調整が必要です。数回でぴったり合う方もいらっしゃいますが、何度も細かな調整を繰り返す必要がある方もいらっしゃいます。義歯(入れ歯)が出来てから何度かは調整のためにご来院をいただくことになりますので、ご了承ください。

当クリニックでは併設の技工所で、歯科医師の指示のもと歯科技工士が義歯(入れ歯)をお作りしています。
歯科医師と歯科技工士が直接細かな打ち合わせを行うことが出来るため、保険の義歯(入れ歯)であっても出来るだけお口に合うように調整を行うことが可能です。

歯科技工所併設による利点(義歯)

ページトップへ戻る