一般歯科

HOME > 一般歯科 > 欠損治療について

欠損治療について

抜歯治療

できるだけ抜かない治療を心掛けています

歯科医師は、患者様の歯をできるだけ抜きたくないと考えています。
歯を抜いて入れ歯やインプラントにすることは簡単ですが、当院の歯科医師は、まずは根管治療などで歯を残せる可能性がないかを考えて利用を行っています。

しかしながら、重度の歯周病や進行した虫歯では、治療を行っても回復の可能性がないことがあります。
当クリニックで抜歯を行うのは、歯を残すことが患者様にとって“良くないこと”と判断した場合に限っております。

歯や歯周組織を“守る”ための抜歯

歯科治療で歯を抜くのは、歯を抜いた方が良い結果が得られると診断された場合のみです。

治療をしても回復が期待できない歯

歯を抜かなければならない主な原因は、虫歯と歯周病(歯槽膿漏)です。
どちらも細菌の繁殖が原因で、歯科医院で治療を行わない限り、進行することはあっても改善されることがない感染症です。
しかし、治療を行っても改善されない場合もあります。表側からは小さな虫歯に見えても、中で大きく広がって歯の根元まで感染している場合や、歯周病(歯槽膿漏)で歯がぐらぐらして、虫歯が進行して歯の根にまで至っている場合も、感染部位を除去するために歯の根を除去する必要があり、結果として歯を抜歯しなければならないことがあります。歯を残して被せ物(クラウン)などで治療する場合には、土台を支えるだけの十分な長さの歯の根が必要です。除去する部分が多く、十分な長さの歯の根を残せない場合は、抜歯を行うことがあります。

残すことで他の歯や歯周組織に悪影響を及ぼす歯

虫歯や歯周病(歯槽膿漏)が極端に進行すると、感染している部分を完全に取り除くためには、歯そのものを「原因」として除去しなければならないことがあります。感染している部分を放置する(原因菌に汚染されている部位を取り残す)ことで、他の歯や歯周組織にまで広がるなどの悪影響を及ぼすからです。

放っておいても抜けてしまう歯

重度の歯周病(歯槽膿漏)では、歯を支えるあごの骨(歯槽骨)が溶かされます。
早めに治療を開始すれば進行を食い止めることができたり、GBRなどの骨再生治療を行うことで歯を残せる可能性が高くなりますが、治療を開始するのが遅すぎたり、進行が早くて治療が追い付かない場合には、あごの骨がなくなって歯を支えることが出来ず、やがて歯が抜け落ちてしまいます。
このように、回復の可能性がないと判断した場合には、抜歯を行うことがあります。

かみ合わせなどの機能を阻害する歯

虫歯や歯周病(歯槽膿漏)にかかっていなくても、抜歯をする場合があります。
かみ合わせた時に特定の歯に負担がかかり、痛みで物を噛むことが出来ないようなケースでは、抜歯をすることがあります。過度な負担が歯にかかると、歯周病(歯槽膿漏)を悪化させることもあります。

また、虫歯や歯周病(歯槽膿漏)にかかっていなくても、歯が割れて根の方までヒビが入ってしまっているようなケースでは、抜歯することがあります。放っておくとヒビに沿って虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の原因菌が入り込み、炎症を起こすことがあるためです。

歯を失わないための予防

歯を失う理由のほとんどは、虫歯または歯周病(歯槽膿漏)です。歯を失わないためには、虫歯・歯周病(歯槽膿漏)を予防することが最も効果的と言えます。
虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の原因となる歯垢(プラーク)が溜まりにくいお口の環境をつくるためのプラークコントロールの指導、クリーニング、PMTC、歯石除去などを行っております。

予防歯科

歯を残すための再生療法

歯周病(歯槽膿漏)で溶けてしまった顎の骨(歯槽骨)は、組織再生療法で回復できることがあります。 インプラント治療で用いる骨造成とは異なり、歯槽骨などの歯周組織の再生を促すことを目的とする治療法です。 当クリニックでは、組織再生誘導剤を使用するエムドゲイン法と、人工膜(メンブレン)を使用する歯周組織誘導法(GTR法)を行っております。

医科併設による安心の再生療法

当クリニックの再生療法は、併設の医科との連携で行われます。
医科の最新技術を取り入れ、添加物を必要としない患者様の自己血液由来のメンブレン(人工膜)を使用することにより、感染リスクを軽減することが可能になりました。
また、ご自身の血液に含まれる成分を利用しますので拒絶反応の心配がなく、従来の再生療法よりも再生率が高いと言われています。

組織再生療法 最新の骨再生療法

ページトップへ戻る

保険の欠損治療

欠損治療

歯を失ったままにしておくと、歯がない部分に両隣の歯が倒れ込み、かみ合わせが悪くなることもあります。
虫歯や歯周病(歯槽膿漏)などで歯を失った場合、保険治療ではブリッジ治療・部分入れ歯治療・総入れ歯治療を行うことが出来ます。

ブリッジ治療

ブリッジ治療

欠損部の両隣に支台となる天然歯が残っている場合は、一般的にはブリッジ治療を行います。

ブリッジとは天然歯の支台とに人工歯(連結冠)をセメントで固定して欠損部を補う治療法で、取り外しての手入れは出来ませんが、ぐらつきなどがなくしっかりと噛めるという特徴があります。

保険では、奥歯の連結冠は金属製のものになります。
保険外治療のセラミックブリッジ治療であれば、白く目立たない素材を使用することが出来ます。
また、支台を削ることに抵抗がある方には、保険外治療のインプラント治療をおすすめしています。

ブリッジ治療のメリットとデメリット

メリット

  • 支台に固定されており、ズレたりガタついたりしません。
  • 噛み心地が良く、違和感がほとんどありません。
  • 保険外の白い素材の連結冠を使用すれば、ブリッジを入れていることに気づかれません。

デメリット

  • 支台になる歯を削る必要があります。
  • 欠損部にかかる力(咬合圧)が支台にかかるため、支台に過度な負担がかかります。
  • 欠損部の人工歯と歯肉の間の手入れがしにくく、虫歯のリスクが高くなります。

部分入れ歯治療

部分入れ歯治療

欠損本数が数本の場合は、部分入れ歯で欠損を補います。

部分入れ歯は、歯茎に密着させる床部分を伴う人工歯を金具(クラスプ)で両隣の歯に引っかけて固定させます。取り外し式のためお口の手入れはしやすくなりますが、安定性に欠け、噛み心地はブリッジよりも劣ります。

保険で部分入れ歯を作る場合は、床と人工歯がレジン(樹脂)、歯を支える金具(クラスプ)は金属製のものに限られます。

保険外治療であれば、目立たない白い金具の部分入れ歯、または、金具を使用しないノンクラスプデンチャーをお選びいただけます。
噛み心地が悪いことにストレスをお感じの方には、人工歯根でしっかりと固定するインプラント治療をおすすめしています。

部分入れ歯

部分入れ歯治療のメリットとデメリット

メリット

  • ほとんどの症例に用いることが出来ます。
  • 金属のクラスプを使用する保険の部分入れ歯であれば、安価・短期間で作成が可能です。
  • 取り外し式で、入れ歯と歯肉の間の手入れがしやすく清潔です。

デメリット

  • 金具が見えるため、審美面で劣ります。
  • 違和感があり、噛む力が天然歯の2割~3割程度に落ちます。
  • 食べ物が入れ歯と歯肉の隙間に入り込みやすく、食事の際にストレスを感じることがあります。
  • 金具をかける歯を削ったり、過度な力が加わわることで歯を弱くすることがあります。

総入れ歯治療

総入れ歯

歯全て失ってしまったら、総入れ歯で治療を行います。

支台となる天然歯が残っていませんので、人工歯を取り付けた義歯床(総入れ歯)を歯茎や口蓋の粘膜に吸着させて直接支えます。

保険の総入れ歯は、人工歯も義歯床もレジン製に限られます。

保険外の総入れ歯では、義歯床に金属を使用する薄い総入れ歯や、臭いのつきにくい総入れ歯をお作りすることが可能です。
また、入れ歯が外れたり、食べ物が隙間に挟まったりすることを苦痛に感じられている方は、顎に埋入した人工歯根(インプラント)に人工歯を取り付けるインプラント治療をおすすめいたします。

総入れ歯

総入れ歯治療のメリットとデメリット

メリット

  • 全てレジン製であれば保険が適用でき、安価・短期間で作成出来ます。
  • ほとんどの症例で用いることが出来ます。
  • レジン(樹脂)製のため、破損時の修理がしやすい。

デメリット

  • 厚みがあり、お口の中で違和感を生じます。
  • 噛み心地が悪く、ガタついたりはずれやすかったりします。
  • 食べ物の味や温度を感じにくく、隙間に食べ物が挟まって痛みを感じるなど、ストレスを感じやすくなります。

保険外の欠損治療

歯を失ってしまった場合の治療は、保険治療ではブリッジ治療・部分入れ歯治療・総入れ歯治療しかお選びいただけませんが、保険が適用されない保険外診療では、それ以外の治療法を選ぶことが可能です。

インプラント治療

歯を失った部分に埋入した人工歯根(インプラント)にセラミックなどの人工歯を取り付けて欠損を補う治療です。
顎の骨と結合したインプラントを固定源とするため、ぐらついたりはずれたりすることがなく、非常に噛み心地の良いという特徴があります。
保険が適用されませんので治療費が高額になりますが、白いセラミック歯を使用することで天然の歯と変わりのない美しい歯列を回復することが出来、審美面・機能面では最も優れていると言える治療法です。

インプラント

矯正治療

歯周病(歯槽膿漏)で歯列がガタガタになったり、隙間が出来たりした場合には、矯正治療(単独・またはインプラントやブリッジ等を併用)で歯列を整えることがあります。
また、歯並びやかみ合わせのお悩みをお持ちの方は、抜歯を矯正治療に利用することも可能です。
特に叢生(デコボコの歯並び)や前突(前方に歯が突出していること)を改善するためには、抜歯が必要となるケースがほとんどです。欠損部位を歯を並べるスペースとして活用して歯列改善することが、ブリッジや入れ歯、インプラントよりもお口にとって良い場合もあります。

矯正歯科

ページトップへ戻る