一般歯科

HOME > 一般歯科 > 虫歯治療について

虫歯治療について

虫歯のしくみ

虫歯のしくみ

歯垢(プラーク)の中の細菌が食べ物に含まれる糖を取り込み、酸を産出します。

酸により歯の主成分であるカルシウムやリン酸が溶け出します(脱灰)。

脱灰が進むと、歯に穴が開きます。この状態が虫歯です。

虫歯とは、お口の中の細菌が産出する酸によって歯が溶かされる(脱灰する)病気のことです。
ごく初期の虫歯は、唾液に含まれるミネラルやカルシウムによって修復(再石灰化)されますが、自然に再石灰化されるのはごくわずかで、再石灰化よりも脱灰のスピードの方が早いと虫歯はどんどん進行し、やがてエナメル質の下の象牙質にまで達します。

ごくごく軽度のものを除いては、虫歯は自然治癒が望めません。
できるだけ早く歯医者にかかり、治療を受けられることをおすすめいたします。

虫歯の進行と治療法

歯は外側から順にエナメル質・象牙質・歯髄(神経)の3層でできており、進行するにしたがって虫歯が深くなります。表面のエナメル質部分のみの初期の虫歯(C1)では歯を削らずにすむことがありますが、その下の象牙質にまで進行すると(C2)、いわゆる「歯医者さんの治療」(歯の切削)が必要になって来ます。

軽度・中度・重度の虫歯治療について詳しくご説明いたします。

ページトップへ戻る

軽度の虫歯治療(詰め物)

歯を削らなければならない量が少ない場合は、削った部分にレジン(プラスチック)を充填したり、金属やレジン(プラスチック)、セラミックなどの詰め物(インレー)を入れたりして補います。
詰め物(インレー)は奥歯に用い、保険治療で使用できる素材は金属のみです。

レジン充填(コンポジットレジン充填)

歯を削る量がごくわずかな場合は、削った部分をレジンで埋めて治療します。
削る量が多くなるとレジン充填が適しませんので、詰め物(インレー)で治療することになります。

保険治療の詰め物(保険の金属)

保険の金属

保険の金属(金銀パラジウム)の詰め物です。
金属の性質上強度があり、かみしめが強い方や歯ぎしりの癖がある方でも使用することが出来ます。

保険を適用して安価で治療することができるというメリットがありますが、小臼歯など比較的手前側の奥歯に入れた場合は目立つことがあり、審美面でのデメリットがあります。また体質によっては金属アレルギーのリスクもありますので、金属アレルギーがご心配な方はお申し出ください。併設の皮膚科でアレルギー検査を受診していただけます。

保険外の詰め物(貴金属・セラミック)

貴金属・セラミック

保険外治療では、アレルギーを引き起こしにくい貴金属(金・白金加金)または、非金属の白いセラミックを使用した詰め物をお選びいただけます。

セラミックインレーは天然の歯に近い白色をしていますので、比較的手前の小臼歯に入れていても、インレーが入っていることに気づかれません。
ハイブリッドセラミック(レジンとセラミックの混合素材)またはオールセラミックをお選びいただけます。細かな調整が必要なため、メタルボンドセラミック(金属を芯材とするセラミック)やジルコニアセラミック(白い鉱物を芯材とするセラミック)は適していません。

ハイクオリティータイプ(多層構成)と、セラミック歯の色塗り

オールセラミックインレーは、異なった色のセラミックを何層も重ねる多層構成のハイクオリティータイプをお選びいただくことも出来ます。
ハイクオリティータイプは多層構成のため色に深みがあり、通常のオールセラミックよりも自然で、特に太陽の光の元での美しさが優れています。(室内光ではそれほど違いはありません)

当院は歯科技工所を併設しており、患者様のご希望があれば、歯科技工士がその場で患者様が希望される色に塗り重ねて行きます。患者様に手鏡やモニターをご覧いただきながら直接色塗りをして行きますので、セラミック歯が出来上がった後にイメージが違うということがなく、ご希望通りの綺麗なセラミック歯が出来ることにご好評をいただいております。

※ご自身の歯が標準的な色をされている場合は、特別な色塗りを施さなくても自然で綺麗な色のセラミックに仕上げることができます。標準的な歯の色をされている患者様の場合は、セラミック歯の色塗りを省略させていただく場合がございます。

ページトップへ戻る

中度の虫歯治療(部分冠)

虫歯が進行し歯を削る量が増えた場合は、被せ物で治療します。
削る量が比較的少量で済む場合は歯の表面の一部を残し、3/4冠や4/5冠という部分冠を用います。

前歯の部分冠(3/4冠)

歯の裏側・両側面を削って部分冠を被せます。
歯の表面は削らないため、部分冠との境目を除いては天然歯のように見えます。

奥歯の部分冠(4/5冠)

歯の裏側・両側面・咬合面を削って部分冠を被せます。
かみ合わせの部分まで削って被せますので、金属を使用する場合は金属の色が目立ちます。

保険外治療の部分冠

貴金属(金・白金加金)や白いセラミックで部分冠を作ることが出来ます。
貴金属の部分冠は、保険の部分冠と同じく一部金属が見えますので、審美性を求められる方にはおすすめできません。部分冠を入れていることに気づかれたくない方は、セラミックの部分冠をおすすめいたします。

※保険外治療の部分冠の費用は、同じ素材を使用する保険外治療の全部冠(クラウン)と同額です。

ページトップへ戻る

重度の虫歯治療(全部冠)

保険の全部冠(クラウン)

奥歯のメタルクラウン
奥歯のメタルクラウン

前歯の硬質レジン前装冠
前歯の硬質レジン前装冠

保険の全部冠(クラウン)は、部位によって使用できる素材が異なります。
奥歯は、保険の詰め物と同様、保険の金属を使用した全部冠(メタルクラウン)になります。
前歯の場合は、上下左右の犬歯から犬歯までを保険の白い歯(硬質レジンジャケット冠または硬質レジン前装冠)にすることが出来ます。

硬質レジンジャケット冠

全て保険のレジンで出来ている冠です。
金属アレルギーの心配はありませんが、レジンの性質上強度が十分ではなく、割れたり破損したりしやすいというデメリットがあります。
また、変色しやすく審美性が劣るというのも、保険のレジンのデメリットです。

硬質レジン前装冠

金属の冠の表側に保険のレジンを被せたものです。
芯材が金属のため強度は十分ありますが、金属を使用するためアレルギーのリスクは高まります。
また、表側のレジンは変色したり欠けやすいというデメリットがあります。

特に前歯は目につきやすい部分ですので、高い審美性を求められる患者様は、保険外のセラミッククラウンを選ばれています。

保険外の全部冠(クラウン)

メタルボンドセラミック
メタルボンドセラミック

ジルコニアオールセラミック
ジルコニアオールセラミック

硬質レジンジャケット冠・硬質レジン前装冠

前歯に使用する場合は保険が適用される「保険の白い歯」は、奥歯に使用する場合は保険外治療となります。 保険外治療では冠(クラウン)の全てを白いレジンで作成する硬質レジンジャケット冠、金属冠の唇側(表側)のみレジンを貼り付ける硬質レジン前装冠のどちらともお選びいただけますが、セラミック歯と比べると強度が劣り、変色しやすいというデメリットもあります。

貴金属の全部冠(クラウン)

金・白金加金などの貴金属を使用する金属冠(クラウン)です。
金属の色が目立ちやすいという欠点がありますが、貴金属はアレルギーを引き起こしにくいという特徴があります。金などに対するアレルギーをお持ちの方には適しませんので、事前にアレルギーテストを受けられることをおすすめします。

セラミックの全部冠(クラウン)

白いセラミック素材を使用し、天然の歯と見分けがつかないくらい自然に仕上がる全部冠(クラウン)です。
全部冠にはハイブリッドセラミック・メタルボンドセラミック・オールセラミック・ジルコニアオールセラミックの全てのセラミック素材をお選びいただけます。
さらに、メタルボンドセラミック・オールセラミック・ジルコニアオールセラミックは、より美しい仕上がりになる多層構成のハイクオリティータイプをお選びいただくことも可能です。

セラミックのハイクオリティータイプ(多層構成)と、直接の色塗り

メタルボンドセラミッククラウン・オールセラミッククラウン・ジルコニアオールセラミッククラウンは、異なった色のセラミックを何層も重ねる多層構成のハイクオリティータイプをお選びいただくことも出来ます。
ハイクオリティータイプは多層構成のため色に深みがあり、通常のオールセラミックよりも自然で、特に太陽の光の元での美しさが優れています。(室内光ではそれほど違いはありません)

当院は歯科技工所を併設しており、患者様のご希望があれば、歯科技工士がその場で患者様が希望される色に塗り重ねて行きます。患者様に手鏡やモニターをご覧いただきながら直接色塗りをして行きますので、セラミック歯が出来上がった後にイメージが違うということがなく、ご希望通りの綺麗なセラミック歯が出来ることにご好評をいただいております。

※ご自身の歯が標準的な色をされている場合は、特別な色塗りを施さなくても自然で綺麗な色のセラミックに仕上げることができます。標準的な歯の色をされている患者様の場合は、セラミック歯の色塗りを省略させていただく場合がございます。

ページトップへ戻る