インプラント

HOME > 東京のインプラント > 骨を増やすインプラント治療について

骨を増やすインプラント治療について

骨が少なくても出来るインプラント

インプラントを埋入するためには、インプラント体を支えることが出来るだけの十分な骨量(骨の厚みや高さ)がないと、インプラントが脱落するなどのトラブルの原因となるため、骨量が十分でないことを理由にインプラント手術を行わない歯科医師も大勢いるようです。
骨が少ない(骨の幅が薄かったり高さが足りない)ため、他の歯科医院でインプラント手術を断られたという患者様が、骨を増やすインプラント治療を求めて当クリニックに多数来院されており、難症例であってもインプラントを成功させています。

医科併設による安全な骨再生療法を実現

メディフュージ

当クリニックで骨再生療法に使用するメンブレン(人工膜)は、併設の医科の最新技術を導入して患者様ご自身の血液からお作りすることが出来ます。

最新の再生療法(CGF再生療法)では、従来の再生療法とは異なって添加物を一切必要としません。患者様の完全自己血液由来のメンブレンを使用することで感染リスクが軽減され、また拒否反応の心配もなく、骨再生療法の安全性が高まりました。

最新の骨再生療法

最新の医療技術の導入で、患者様の負担を軽減

ピエゾサージェリー最新の医療技術

当クリニックでは最新のインプラント医療機器ピエゾサージェリーを導入し、安全で患者様の肉体的・精神的負担を軽減出来る治療を行っています。

骨造成のために骨の切削が必要な場合、従来はハンマーなどで叩いていたため、時間がかかるだけでなく震動や音が響いて患者様に精神的・肉体的な負担を強いていました。
超音波を利用するピエゾサージェリーは歯肉(歯茎)や血管などの軟組織を傷つけることなく、歯石を除去する感覚で効率的に骨(硬組織)だけを切削することが出来ます。
音や振動も気にならず、治療に要する時間も格段に短縮出来るため、患者様の負担が軽くなります。

最新のインプラント医療機器

ページトップへ戻る

骨再生インプラント

GBR(ガイデット・ボーン・リジェネレーション/骨誘導再生法)

GBRとは、骨量が足りないためにインプラントが露出してしまうことが予測される部分を特殊な膜(メンブレン)で覆い、骨の再生を促して骨量を増やす治療法です。

骨量が少ない(高さが足りない・幅が薄いなど)場合、インプラントを埋入しても骨が支えきれずに脱落してしまったり、インプラントの露出部分に汚れが溜まって感染症(インプラント周囲炎)のリスクが高まるため、GBRによって骨量を増やす必要があります。

GBR(骨誘導再生法)の治療の流れ

個人差がございますが、概ね4カ月~6カ月で骨が再生されます。

GBR(骨誘導再生法)の治療の流れ

GBRは埋入したインプラントの露出部分に行う場合と、骨量が足りなくて露出が予想される部分に予め行って骨が回復してからインプラント埋入手術を行う場合がございます。

ボーングラフト(骨移植)

ボーングラフト(骨移植)はその名前の通り、骨が吸収されて薄くなっている部分に骨のブロックを移植して骨量を増やす治療法です。

移植したり充填材として用いる骨は、患者様ご自身の骨(自家骨)、本人以外の骨(他家骨)、人工的に作られた骨材(人工骨)がありますが、患者様ご自身の骨(自家骨)を使用する場合は、出来るだけ患者様のご負担にならないように採取しております。
※従来の自家骨は患者様の腰の骨から採取していましたが、当クリニックでは患者様の負担を軽減するために、腰骨からの採取は行っておりません。

ボーングラフト(骨移植)の治療の流れ

ボーングラフト(骨移植)

個人差がございますが、概ね4カ月~6カ月で骨が再生されます。

骨が吸収されて薄くなっている部分に骨片や骨充填材を移植します。
当クリニックでは患者様ご自身の骨を使用する場合(自家骨移植)は、最新の超音波機器ピエゾサージェリーで安全に骨を採取し、骨充填材も患者様ご自身の血液から作る感染リスクの少ない安全なメンブレンを用いる事が可能です。

ソケットリフト(上顎洞底拳上術)

ソケットリフトとは、口腔内から上顎洞底部を持ち上げて骨充填物などを挿入し、骨の再生を促す治療法です。 骨吸収が比較的経度(骨の厚みがやや厚い)に適用され、インプラントを埋入するための穴を利用して行うことが可能なため患者様の負担が少なくて済みます。

※骨の吸収が進み、骨量が極端に少ない(骨が非常に薄い)場合は、サイナスリフトで骨量を増やします。

ソケットリフト(上顎洞底拳上術)の治療の流れ

インプラントを埋入する部位に穴をあけ、骨充填材と骨再生を促すためのCGF(完全自己血液由来のフィブリンゲル)を挿入し、骨量を増やします。

ソケットリフト(上顎洞底拳上術)の治療の流れ

インプラントは骨充填材・CGFと同時に埋入する場合と、骨が再生されてから埋入する場合があります。

サイナスリフト(上顎洞底拳上術)

ソケットリフトよりも骨量が少ない(骨が薄い)場合に行う骨再生療法です。
上顎の骨を頬側から取り除き、上顎洞底部にソケットリフトよりも大きな隙間を作ってCGF(完全自己血液由来のフィブリンゲル)・骨充填材を挿入して骨再生を誘導します。

骨の切削は最新の超音波医療機器ピエゾサージェリーを使用するため、骨ミノをハンマーで叩いていた従来のサイナスリフトと比べて安全性が高まり、患者様への負担も軽減されました。

サイナスリフト(上顎洞底拳上術)の治療の流れ

頬側から歯肉と骨を切開・剥離し、骨と上顎洞底の間に大きな隙間を作って骨充填材などを挿入します。
サイナスリフトの施術と同時にインプラントを埋入する場合もありますが、骨が十分に再生されてから改めてインプラント埋入手術を行う場合がございます。

サイナスリフト(上顎洞底拳上術)の治療の流れ

歯肉の切開や骨の除去などソケットリフトよりも大掛かりな処置が必要となりますが、極端に骨量が少ない(骨の高さが足りなかったり幅が薄すぎる)場合でも適用が可能です。

サイトダイレーディング(歯槽骨拡大手術)

骨再生療法の初歩的な処置で、器具を使って骨(歯槽骨)を押し広げることでインプラント埋入に必要な厚みを確保する治療法です。

サイトダイレーディングの治療の流れ

細いドリルで小さな穴を開け、円柱状のダイレーダーを徐々に太いものに変えながら押し込み、少しずつ骨(歯槽骨)を拡大して行きます。
比較的骨が厚い場合に行います。骨幅が極端に狭い場合は、スプリットクレストなどで治療を行います。

サイトダイレーディングの治療の流れ

インプラントを埋入するために十分な厚みを得られたら、インプラント手術を行います。

スプリットクレスト(歯槽堤分割術)

極端に骨(歯槽骨)の幅が狭い(骨が薄い)場合に行う骨再生療法で、歯槽骨を2枚に割り広げた隙間にインプラントを埋入します。 骨の状態を確認しながら丁寧に割り広げる必要があり、高い技術力が求められる治療法ですが、最新の超音波機器ピエゾサージェリーを用いて、安全で、負担の少ない治療を実現しています。

スプリットクレストの治療の流れ

ピエゾサージェリーを用いて少しずつ骨(歯槽骨)を割り広げて行き、得られた隙間にインプラントを埋入し、骨充填材を詰めて支えます。
骨が造成され、インプラントが骨としっかりと結合するまでに6カ月程度要します。

スプリットクレストの治療の流れ

ページトップへ戻る