インプラント

HOME > 東京のインプラント > 医科併設の最新の骨再生療法について

医科併設の最新の骨再生療法について

骨再生療法とは

骨再生療法は、血小板に含まれている成長因子(細胞増殖因子)を活用して骨の再生を誘導する治療です。 再生療法は皮膚の治療法としてPRP再生療法が知られていますが、医科を併設している吉祥寺セントラルクリニックでは早くから再生療法を歯科の分野にも取り入れ、現在は最新の骨再生療法であるCGF再生療法を導入しています。

PRP再生療法・CGF再生療法はともに骨再生誘導物質(フィブリンゲル・メンブレン)を患者様ご自身の血液から作製するため拒絶反応やアレルギーの心配がなく、再生率も高いというメリットがあります。

ページトップへ戻る

CGF再生療法(新PRP再生療法)

CGF再生療法(新PRP再生療法)

最新の遠心分離機メディフュージを使用することで、添加物(凝固剤)を一切使用しない完全自己血液由来のフィブリンゲル・メンブレンを作製することが可能になりました。
添加物が必要ないため、従来のPRP再生療法よりも感染リスクが低く、安全性が高くなりました。

CGF再生療法の流れ

CGF再生療法の流れ

最新の遠心分離機メディフュージで患者様の血液を遠心分離し、フィブリン液とフィブリンゲルを取り出します。
フィブリンゲルをそのまま骨充填材として使用したり、平たくつぶして膜(メンブレン)として骨(歯槽骨)を覆ったりして再生療法を行います。

フィブリン液は手術した傷口を洗浄したり、骨充填材に混ぜて用いることでより感染リスクを軽減し、安全な骨再生療法を行うことが出来ます。

ページトップへ戻る

従来の骨再生療法(PRP再生療法)

PRP再生療法もCGF再生療法と同様、患者様の血液を遠心分離して血小板の成長因子を活用する再生療法ですが、遠心分離機の調整が難しく、熟練しなければ適切なフィブリンゲルを抽出することが出来ないという制限がありました。
また、抽出した多血小板血漿は凝固させるために添加物(牛やヒトのたんぱく質分解酵素や塩化カルシウム)が必要であったことも大きな問題となっていました。

医療技術の進歩により、遠心分離の回転数を調整することで添加物を必要としないCGF再生療法が実現し、当クリニックでは積極的に歯科治療に取り入れてより安全でより成功率の高い骨再生インプラント治療を患者様にご提供することが出来ております。

ページトップへ戻る