インプラント

HOME > 東京のインプラント > スピードインプラントについて

スピードインプラントについて

即日~3カ月で噛めるようになるインプラント

抜歯を伴うインプラント治療では、抜歯後の骨の回復を待つ必要があるため約半年~1年近くの治療期間を要しますが、骨の結合を誘導するインプラントを用い、特別な治療を行うことで抜歯したその日から噛めるようになったり、約3カ月というごく短期間でインプラント治療を終えられるようになります。

単にインプラントを埋入するよりも高い技術を要するため、短期間で終わるスピードインプラントを行っている歯科医院は多くはありません。
豊富な治療経験と高い治療技術を持つインプラント歯科医師が多数在籍する当クリニックでは、スピードインプラント(抜歯即日スピードインプラントまたはテンポラリーインプラント)の成功例も豊富です。

歯が抜けたままの状態が長く続く事にストレスを感じられている方は、当クリニックにご相談ください。

ページトップへ戻る

抜歯即日スピードインプラント

抜歯即日スピードインプラントの期間

抜歯痕を利用してインプラントを埋入するスピードインプラント治療です。 抜歯後に骨が回復する時間を省略するとともに、骨との結合を誘導するHA(ハイドロキシアパタイト)インプラントを用いることで、インプラントと骨が結合する期間も短縮出来ます。

※使用できるインプラントの種類は、骨との結合を誘導するHA(ハイドロキシアパタイト)インプラントのみとさせていただいております。

抜歯即日スピードインプラントの治療の流れ

抜歯即日スピードインプラント 抜歯即日スピードインプラント 抜歯即日スピードインプラント

抜歯痕にHIインプラントと骨充填材を埋入し、骨とインプラントがしっかりと結合したら上部構造(人工歯)の土台となるアバットメントを取り付け、上部構造(人工歯)を装着します。

インプラントと骨が結合するまでに要する期間は、約3カ月です。

ページトップへ戻る

テンポラリーインプラント

テンポラリーインプラント

本物のインプラントの隣に埋入した補助のインプラント(テンポラリーインプラント)に仮歯を装着し、インプラント埋入手術の当日から噛むことが出来ます。

仮歯は、併設の歯科技工所でその日のうちにお作りすることが出来、審美性もすぐに回復させることが出来ます。本物のインプラントが結合するまでの期間に、歯が失われたままの口元を気にする必要がありません。

補助的に埋入するテンポラリーインプラントは即時暫間インプラントまたはトランジショナルインプラントと言い、本物のインプラントが骨と結合したら取り除きます。本物のインプラントが結合するまでの数カ月程度は問題なく使用できますが、除去することを前提にして作られており、本物のインプラントのように長期間使用することは出来ません。

テンポラリーインプラントの治療の流れ

テンポラリーインプラントの治療の流れ

本物のインプラントの埋入、テンポラリーインプラントの埋入、仮歯の製作と装着を全て同日に行います。 約3カ月後、本物のインプラントがしっかりと骨と結合したらテンポラリーインプラントを除去し、仮歯をセラミック歯に換えて本物のインプラントに装着します。

ページトップへ戻る