インプラント

HOME > 東京のインプラント > インプラント治療の特徴について

インプラント治療の特徴について

欠損部の審美的機能的改善に優れています

欠損部を補う補綴治療には入れ歯(義歯)、ブリッジ(連結冠)、インプラントがありますが、インプラント治療を選ばれる主な理由として、「がたついたり外れたりせず、天然の歯に近い噛み心地でしっかりと噛めること」と「周りの歯に金具を付けたり削ったりしない上、インプラントを入れていることに全く気づかれないほど自然な歯並びを回復することが出来ること」の二つが挙げられます。

特に噛み心地においては、義歯(入れ歯)のように歯茎が痩せることで合わなくなって来るという心配がなく、メンテナンスをきちんと行っていれば20年30年と長期に渡っての使用も可能です。

最善の治療をご提案すると言う点においては、見た目もよく、違和感が少なく咀嚼や発音を阻害することがないためストレスを感じにくいインプラント治療をもっともおすすめいたしますが、ブリッジ・義歯(入れ歯)・インプラントの特徴をご理解の上、ご自分の希望に最も近い物をお選びください。

ブリッジ治療との比較

  ブリッジ インプラント
  ブリッジ インプラント
機能性 支え台となる歯に人工歯を固定するためグラついたりせず、噛み心地が良い。 あごの骨に埋入したインプラントに人工歯を固定するため、グラつかず噛み心地が良い。
審美性 保険外のセラミック素材を使用すれば、天然の歯のように仕上げられる。 固定源の金属ネジは歯肉(歯茎)に隠れるため、インプラントを入れていることにほとんど気づかれない。
費用 保険適用のブリッジ(奥歯は金属のみ)であれば安価に作る事が出来る。 保険が適用されないため、治療費が比較的高額。
お手入れ 歯がない部分の人工歯と歯茎の間に汚れが溜まりやすく、手入れがしにくい。 天然の歯同様ブラッシングで簡単に手入れをすることが出来る。
寿命 支え台となる両隣の歯に過度な力が加わり、残存歯の寿命を縮めてしまう危険性があります。 欠損部に直接埋入したインプラントを固定減とするため残存歯を削る必要がなく、無理な力がかかって寿命が縮まることもありません。
違和感 天然の歯のような形状をしており、違和感は少ない。 天然の歯のような形状をしており、違和感は少ない。

入れ歯治療との比較

  入れ歯 インプラント
  入れ歯 インプラント
機能性 取り外し式で固定されていないため、グラついて噛み心地が悪い。 人工歯根であごの骨とつながっており、違和感は少ない。
審美性 保険外のノンクラスプデンチャーなどは目立ちにくいが、保険の部分入れ歯は金具が非常に目立つ。 天然の歯と変わらない見た目と色を回復することが出来、審美面で非常に優れている。
費用 保険が適用できるものがあり、比較的安価に作ることが出来る。 保険が適用されず、治療費は高額になる。
お手入れ 取り外し可能で、義歯と歯肉の間に汚れが溜まる心配はないが、義歯そのものの手入れがしにくい。 取り外し可能で、義歯と歯肉の間に汚れが溜まる心配はないが、義歯そのものの手入れがしにくい。
寿命 部分義歯は固定減となる両隣の歯に過度な力がかかって寿命を縮めることがある。総義歯は合わないまま使い続けると歯茎を傷めて痩せさせる。 周りの歯に無理な力がかかったり、歯を削ったり傷めたりすることがなく、残存歯の寿命を縮める心配はない。
違和感 口腔内の一部または全体を義歯で覆うことになるため、違和感は大きい。 口腔内に出ているのは歯冠部のみのため、違和感はほとんど感じない。

ページトップへ戻る