矯正歯科

HOME > 東京の矯正歯科 > 子供の矯正について

子供の矯正について

早期に矯正治療を開始するメリット

矯正治療は永久歯列が正しく機能するようにすることを目的とした歯科治療ですが、子供の頃に予備的な歯列矯正(小児矯正)を行うことは、大人の矯正にはない多くのメリット(利益)をもたらします。

乳歯の歯並びは、永久歯列の萌出に大きな影響を与えます。
すぐに治療を始める必要がないこともありますが、お口の状態を把握し、将来的にきれいな歯並びにするための長期的な治療計画を立てることは、お子様にとって良いことだと思います。

早期に歯列矯正を始めるかどうかで、大人になった時のお顔(輪郭)が大きく変わることもあります。
乳歯列の矯正を行うことで、永久歯がきれいに生え揃うこともあります。
「早すぎるのでは?」とお考えの方も、お子様のお口に不安があれば、早めにご相談にいらっしゃることをおすすめいたします。

成長を利用するお子様の矯正治療

小児矯正(永久歯が生え揃う前の矯正治療)のメリット

歯を抜かずに治療できる可能性が高くなります

お子様の矯正の最大のメリットは、顎の成長をコントロールすることで、歯がきれいに並ぶ顎を作ることが出来ると言うことです。歯が並ぶスペースがないために不正咬合になっている場合は、大人になってからの矯正では抜歯が必要となるケースが多くなります。
成長期の矯正治療では顎の成長を促進することが出来ますので、抜かずに永久歯をきれいに並べられる可能性が高くなります。

永久歯列の不正咬合の予防、または軽減することができます

不正咬合の原因の多くは、上下の顎と歯のバランスが悪いことにあります。
小児矯正によって顎の成長をコントロールし、顎と歯、歯周組織のバランスを良くすることで、永久歯列期に生じることが予想されていた不正咬合を防ぐことができることがあります(予防矯正)。

また、永久歯列期に再び矯正治療が必要となるようなケースでも、乳歯列期・混合歯列期に矯正治療を行っておくことで、永久歯列期の不正咬合を軽度にすることができ、矯正治療を短期間で終えられることがあります。

永久歯の矯正よりも短期間で終えられます

大人の歯よりも子供の歯の方が動きやすく、同じくらい歯を動かさなければならないケースでも、お子様の方が比較的短期間で治療を終えることが出来ます。
※大人になると歯が動かないと言うことではありません。50代、60代であっても矯正治療は可能です。

必要のない治療は行いません

当クリニックではインフォームドコンセントを順守していますので、必要のない治療、患者様が望まない治療を無理におすすめすることはありません。

歯科医院の中には、「早く始めないと手遅れになる」という言葉で早期からの矯正治療(小児矯正)をすすめるところがあるようですが、一部の特殊な症例を除いては、大人になってから始めても「手遅れ」ということはありません。
早めに始めた方が歯が動きやすいなどのメリットがありますが、全てのお子様が早期からの矯正治療が必要というわけではありませんので、永久歯が生え揃うまで待った方が良い場合は、無理な治療計画を立てずに経過観察をおすすめいたします。

また、お子様自身や保護者の方が治療を望まない場合も、無理におすすめすることはありません。
安心してご相談にお越しください。

ページトップへ戻る

成長を利用するお子様の矯正治療

不正咬合の多くは、顎と歯のバランスが悪いことが原因となって起こります。
お子様の矯正では矯正装置で「歯を動かす」というよりも、「歯が並ぶことができる環境を作る」ことを目的とした治療を行います。

デコボコの歯・八重歯の矯正・・・叢生(そうせい)

叢生

八重歯や乱ぐい歯などのデコボコの歯並びのことを叢生(そうせい)と言います。
欧米人と比べて顎が小さい日本人に多くみられる症状です。

叢生(デコボコの歯・八重歯)の原因は、歯の大きさに対して顎が小さい(または、顎の大きさに対して歯が大きい)ことです。歯を綺麗に並べるためには、歯が並ぶだけのスペースを顎の上に確保する必要があり、大人の矯正では数本の抜歯が必要となることがほとんどです。

成長期のお子様の場合は、取り外し式のプレート(拡大床)や固定式の装置(クワドヘリックス)で顎の成長をコントロールしながらゆっくりと顎を広げ、抜歯をせずに歯を並べることが出来ます。

取り外しが可能な拡大装置(拡大床)

可能な拡大装置 拡大症 可能な拡大装置のネジ

取り外しができるプレート(拡大床)を上顎や下顎に装着し、患者さん自身やご家族の方に拡大ネジの調整を行っていただく拡大矯正法です。
拡大床で顎の成長を促進し、永久歯がきれいに並んで生えるためのスペースを確保します。
拡大床を使用するため床矯正(しょうきょうせい)とも言い、一般的に「非抜歯矯正」と言われているのはこの床矯正のことです。

固定式の拡大装置(クワドヘリックス)

クワドヘリックス クワドヘリックス 表側矯正併用ケース

症例によっては、プレート(拡大床)ではなく、太いワイヤーで出来たバネのような装置(クワドヘリックス)を使用することがあります。ワイヤーの弾力を利用してゆっくりと顎を広げて行くのは拡大床と同じです。

クワドヘリックスは固定式で取り外しが出来ませんが、ご家庭で調整をしていただく必要がなく、装置の付け忘れの心配がありません。

拡大矯正についてご注意いただきたいこと

出っ歯の矯正・・・上顎前突

出っ歯(上顎前突)とは、下顎に対して上顎が前方に突出している不正咬合を言います。
歯の傾きが大きいために起こる場合もありますが、上下の顎のバランスが悪い(下顎に対して上顎が大きい、または、上顎に対して下顎が小さい)ために出っ歯となっているケースも多く見られます。

お子様の場合は、上下顎のバランスをコントロールすることで改善が可能です。
下顎に対して上顎が大きい場合はヘッドギアでお子様の上顎の成長を抑制し、上顎に対して下顎が小さい場合にはバイオネーターで下顎の成長を促進することで上下顎のバランスを整えます。

上顎の成長を抑制する矯正治療(ヘッドギア)

ヘッドギアのフェイスボウ
ヘッドギアのフェイスボウ

ヘッドギア(加強固定装置)は、頭につけたヘッドキャップを固定源とし、奥歯に取り付けた金属のフェイスボウとヘッドキャップをつなぐゴムの力で上顎を後方に引っ張ることで、上顎の成長を抑制したり、上顎の奥歯を後退させる矯正装置です。

1日に17時間以上の使用が必要なため、睡眠時を中心として、お家にいる間は出来るだけ装着するようにしてください。装着時間が短いと、治療期間が長くなることがあります。

下顎の成長を促進する矯正治療(バイオネーター)

下顎が上顎よりも下がっている(奥に位置している)ために出っ歯となっているケースでは、上顎を引っ込めるのではなく、下顎を前に出す必要があります。

下顎の成長を促すには、バイオネーター(機能的矯正装置)の使用が効果的です。
バイオネーターはワイヤーとプラスチックで出来ているブロック様の装置で、下顎を前方に出した状態でかみ合わせを維持します。装置で押し広げるのではなく、顎を前に出した時の筋肉の動きを利用して下顎の前方への成長を促します。ヨーロッパ諸国で広く使用されている装置です。

受け口・反対咬合の矯正・・・下顎前突

受け口とは反対咬合とも言い、上顎に対して下顎が前方に突出している不正咬合です。
上顎の成長を促すフェイシャルマスク、上下顎一体で矯正治療を行うバイオネーター、舌や口周りの筋肉のバランスを整えて改善するムーシールドで治療を行います。

上顎の成長を促進する矯正治療

フェイシャルマスク
フェイシャルマスク

下顎に対して上顎が小さい場合には、フェイシャルマスクで上顎の成長を促します。

フェイシャルマスクは取り外しが可能な装置で、下顎を動かすとワイヤーとゴムで上顎が前方に引っ張られるようになっています。同時に下顎に取り付けた装置が下顎を後方に抑え、長時間使用することで上下顎のバランスが改善されます。

フェイシャルマスクも長時間装着することで効果が上がります。1日12時間以上の装着が出来るよう、睡眠時と家にいる間は装着忘れのないようにしてください。

かみ合わせを調整する装置(バイオネーター)

バイオネーターは主に下顎の成長を促進する矯正装置ですが、歯列を左右に広げたり、上下のかみ合わせを合わせたりする作用もあるため、下顎前突(受け口)の改善にも効果があります。

舌や口の周りの筋肉のバランスを整える矯正治療(ムーシールド)

ムーシールド

反対咬合の原因のひとつに、舌癖(舌で下顎を押す癖)や、口の周りの筋肉のバランスが取れていないことがあげられます。
ムーシールドは固いプラスチックでできているマウスピースで、舌の機能や口の周りの筋肉のバランスを改善し、反対咬合の治療を行います。

1.舌レスト

舌が低い位置にあると、舌が下顎を押し出して反対咬合を誘発します。
舌が正しい位置で機能するように舌レストで舌を持ち上げ、下部のシールドで舌が下顎を押すのを防ぎます。

2.シールド

上唇の筋力が強いと、上顎の成長を抑制して反対咬合になりやすくなります。
上部のシールドで上唇が上顎を押すのを抑えます。

深いかみ合わせの矯正・・・過蓋咬合

深いかみ合わせ(過蓋咬合/かがいこうごう)とは、上顎が下顎にかぶさっていて、前から見ると下の歯が見えないような状態の不正咬合のことです。
一般的には上顎の歯列を後退させる治療を行いますが、上顎に比べて下顎の発育が悪い場合にも起こるため、バイオネーターで下顎の成長を促す治療を行うことがあります。

ページトップへ戻る