矯正歯科

HOME > 東京の矯正歯科 > 大人の矯正(成人矯正)について

大人の矯正(成人矯正)について

“より快適に暮らす”ための矯正治療

20代・30代からの矯正治療が増えています

以前は、矯正治療はお子様が学校の歯科検診などで指摘を受けて治療を開始するもの、という印象がありましたが、矯正治療は海外留学や外資系勤務、海外駐在などが当たり前となって来た最近では、審美性の向上を目的とした歯列矯正を希望される20代~30代の患者様が増えております。

また、虫歯や歯周病予防への意識も高くなって参りましたので、40代以上の方のお口の健康を維持するためのプラークコントロールの改善を目的とした矯正治療のご相談にいらっしゃいます。
50代、60代では、歯周病(歯槽膿漏)でガタガタになってしまった歯列(かみ合わせ)の機能改善のために矯正治療を行うケースがあります。(歯周病がかなり進行しても、治療を行い、プラークコントロールが出来ている方であれば矯正治療は可能です。)

かみ合わせを改善することで頭痛や肩こりなどの不定愁訴が改善されたケースもあり、大人の矯正は単なる歯科治療というよりも、お口の状態を良くしてより快適に過ごすために行うものとお考えいただいても良いと思っております。

目立たない矯正治療 短期間で終わる矯正治療

大人の矯正(成人矯正)のメリット

お子様の矯正(小児矯正)は大人よりも歯が動きやすいなどのメリットがありますが、大人になってからの矯正(成人矯正)にも、永久歯列期ならではのメリットがあります。

成長に左右されず、治療計画が立てやすい

あごの成長が止まった15~6歳以降の成人矯正は、矯正治療期間中に成長によるズレが生じることがないため、治療計画を立てやすいというメリットがあります。
小児矯正は成長を利用できることがメリットですが、逆に成長の個人差を考慮する必要があり、また装置の装着時間の長短によっても改善の度合いが変わりますので、途中で治療計画の変更が必要となることがあります。

患者さんの協力を得やすく、計画通りに終えられる

矯正治療は、患者さんの協力がなければ治療計画通りに進めることができません。
マウスピース矯正・拡大矯正など患者さんに装置を付け外ししていただかなければならない治療法はもちろんのこと、歯にブラケットを装着するワイヤー矯正でも、かみ合わせ調整のために顎間ゴムの付け外しをしていただく場合がございます。これらの装置・ゴムは、歯科医師に指示された正しい方法で、出来るだけ長時間使用していただく必要があります。
お子様の矯正の場合、拡大床やヘッドギアを装着するのが嫌で外してしまい、装着時間が不十分で治療期間が延びてしまうことは珍しくありません。装置・ゴムの使用目的を理解していただき、治療計画通りに進めるための協力を得やすいというのは、大人の矯正の大きなメリットです。

ページトップへ戻る

目立たない矯正治療

長らく「矯正治療は目立つもの」と思われていましたが、近年では目立たない矯正装置が作られております。
装置が目立つことに抵抗を感じて矯正治療をためらわれている方は、ぜひご相談ください。

唇側矯正(表側矯正)

※唇側矯正につきましては、一般的な金属ブラケットもお選びいただけます

矯正治療にはさまざまな治療法や装置がありますが、歯の表側にブラケットを装着して行うワイヤー矯正(唇側矯正)が最も歴史が長く、症例の研究や検証も最も多くなされており、最も信頼できる“確立された治療法”です。

唇側矯正(表側矯正)の特徴

目立たない審美ブラケット:唇側矯正【ホワイト】

審美ブラケット

当クリニックで、成人矯正の患者様が最も多く選択されている矯正装置です。

「唇側矯正は目立つ」というデメリットを改善するために、目立たない色のブラケット(歯の色に近い白いセラミックブラケット・透明に近いプラスチックブラケット)が開発されました。

審美性に優れているだけではなく、非金属素材を使用しているため金属アレルギーの心配がなく、安全性についても優れています。

強度や歯を動かすために必要な弾力の問題から、ワイヤーは透明の素材にすることが出来ませんが、日常生活ではほとんどが唇の陰に隠れてしまいますので、それほど目立ちません。白いワイヤーやピーチゴールド色のワイヤーをお選びいただければ、更に目立たなくなります。

一般的なブラケット:唇側矯正【シルバー】

唇側矯正

当クリニックでは、小学生の患者様が最も多く選択されています。

金属で出来ており、最も目立ちやすいというデメリットがありますが、最もコストがかからない矯正装置です。
使用している金属は医療用のものでアレルギーを引き起こしにくくなっていますが、ご心配な方は併設の医科でアレルギーテストを承りますので、矯正担当の歯科医師にご相談ください。

舌側矯正(裏側矯正)

舌側矯正(裏側矯正)

※現在当クリニックでは舌側矯正(裏側矯正)は行っておりません

装置を歯の裏側に装着するため、「表側からほとんど装置が見えない」というメリットがある矯正法です。

しかし、歯の裏側に装置が付いていることは同時にデメリットともなり、調整がしづらく1回の治療時間が長くなる、歯の汚れを目で確認できないため手入れがしづらい、装置が舌に触って口内炎や発音障害の原因となるなどの弊害も生じています。
特に装置が常に舌に触れ、1日中装置を気にしなければならないことは、かなりのストレスとなるようです。
患者様によっては精神的苦痛に耐えられなくなり、治療中断を申し出られた方もいらっしゃいます。
また、特殊なブラケット(リンガルブラケット)を使用するため唇側矯正よりも治療費が高くなることも、患者様への大きな負担となっています。

「見えない」と言う審美面でのメリットはありますが、ストレスなどのデメリットが非常に大きいため、当クリニックでは舌側矯正(裏側矯正)はおすすめしておりません。

舌側矯正(裏側矯正)の特徴

マウスピース矯正

マウスピース矯正

透明なプラスチックシートで作ったマウスピースを装着して行います。
歯全体を覆いますので、装置がほとんど目立たないことというメリットがあります。

取り外し式でお口や装置の手入れがしやすく、虫歯や歯周病のリスクが低いというメリットもありますが、ワイヤー矯正よりも弱い力で歯を動かすため、難しい症例には適さないというデメリットがあり、患者様が希望されてもお選びいただけないことがあります。

※現在は全顎矯正での取り扱いはおこなっておりません。

マウスピース矯正のメリット

目立たない矯正治療の比特徴の比較

  唇側矯正 舌側矯正 マウスピース矯正
適応症例 ◎ 基本的に全て対応 ○ 症例が限定される △ 軽度の症例に限定される
治療期間
(動的期間)
通常2~3年 唇側矯正より長め ワイヤー矯正よりも長め
(マウスピースの装着時間にも左右される)
費用 ◎ 比較的安価
700,000円(税抜)~
△ 特殊な装置を使用するため高め
840,000円(税抜)~
× マウスピースを複数作成する必要があり、高め 1,200,000円(税抜)~
※全顎矯正の場合
取り外し × 不可 × 不可 ○可
審美性 ×(シルバー)目立つ
○(ホワイト)目立たない
◎ 目立たない ◎ 目立たない
ケア(手入れ) ○ 汚れている部分を自分で確認できる △ 汚れている部分が見えづらく、磨き残しが出やすい △ 食事の度に、ご自分の歯と装置の両方の手入れが必要
メリット
  • 歴史が深く治療的に確立されているため、適応範囲が広い
  • 装置が目立たない
  • 装置が目立たない
  • 手入れがしやすい
デメリット
  • 金属の装置の場合は目立つ
  • 装置が見えないため、表側矯正より調整に要する時間が長くなる
  • 微調整が難しいため、適しない症例がある
  • 装置が触って発音障害や口内炎が起こりやすい
  • 装置が気になりかなりのストレスとなることがある
  • 食事の度に付け外ししなければならない
  • 装置を付け忘れると治療期間が延びることがある

ページトップへ戻る

短期間で終わる矯正治療

歯を動かすために数年の治療期間が必要となることも矯正歯科のデメリットとして挙げられますが、特殊な治療を併用することで、治療期間を短縮することが出来ます。

スピード矯正(インプラント矯正)

スピード矯正 インプラント矯正

顎の骨に埋入した矯正用のミニインプラントを固定源として歯を動かす方法です。一般的な矯正治療よりも効果的にワイヤーの力を歯に伝えることができるため、治療期間を大幅に短縮できるというメリットがあります。

一般的な矯正治療は奥歯を固定源として歯を動かしますが、わずかにですが奥歯も動いてしまうため、動かすべき歯にワイヤーの力が上手く伝わらないなどの若干のロスが生じます。
「動かない固定源」であるインプラントを使用すれば効果的に歯を動かすことが出来、治療期間を大幅に短縮することが可能となります。

※矯正用インプラントは、治療後に取り除きます。除去を前提として作られているインプラントのため一般的なインプラントよりも骨との結合力が弱く、矯正治療中に脱落することがございます。

※矯正用ミニインプラントは日本ではまだ認可がおりておりません。歯科医師からメリット・デメリットなどについて説明を受け、患者様ご自身の判断・自己責任でお申し込みください。

スピード矯正(インプラント矯正)の特徴

インプラント実績 年間1,000本以上

インプラント埋入および除去時には手術が必要となりますが、当クリニックではインプラントの治療実績が豊富にあり、安全・安心のインプラント治療を心掛けております。

部分矯正

部分矯正

前歯のデコボコや隙間、八重歯など、気になる部分だけを部分矯正で改善させることも可能です。部分矯正はMTM(Minor Tooth Movement)・時局矯正とも言い、一般的な矯正治療よりも少ない本数の歯を対象として歯列を整えるため、短期間での改善が可能です。

かみ合わせの全体的な改善は出来ないこと、骨格性の反対咬合や開咬には適さないこと、成長期のお子様には適応できないことなど、全ての患者様に部分矯正が可能というわけではありませんが、約3ヵ月~半年程度で矯正治療を終えることが出来ます。

※一部の歯の移動のみで改善できる場合のみ、部分矯正を行います。部分矯正を希望されている患者様でも、適さない場合には全顎矯正をおすすめすることがございます。

部分矯正が適している方

部分矯正が適さない方

治療期間が制限されている方の歯並び改善

結婚式や就職活動、海外留学や面接など、人生の大切なイベントに合わせてごく短期間での治療を希望されている方は、スピード矯正(インプラント矯正)や部分矯正を受けるだけの時間をかけられないことがございます。
より短期間で治療を終えたい方は、歯を削って白いセラミックのプレートを貼り付けたり冠を被せたりするセラミック治療での治療を希望されています。詳しくはセラミック治療をご覧ください。

※歯を削ることを希望されない方は、部分矯正をおすすめいたします。全ての方に適応できると言うわけではありませんが、約3ヵ月~半年程度で気になる部分だけを改善することが可能です。

ページトップへ戻る

後戻りを防ぐための処置

保定

固定式のリテーナー
固定式のリテーナー

矯正治療で歯列やかみ合わせを改善した後は、後戻りを防ぐために1~3年程度保定装置を使って歯並びを安定させます。

歯は矯正治療を行わなくても自然と動くものですが、歯を動かした後は歯と骨の間に目に見えない隙間が出来ていることがあり、後戻りしやすい状態になっています。
骨や歯周組織が回復して歯並びが安定するまでは、保定装置(リテーナー)で維持する必要があります。

基本的には保定装置には可撤式リテーナー(取り外しが出来る保定装置)を使用していただいておりますが、状態に応じてはワイヤーを歯の裏に固定して安定させることもございます。
保定期間は2~3ヵ月に1回程度ご来院頂き、歯並びの状態を確認いたします。

保定期間に注意していただきたいこと

ページトップへ戻る