歯周病・口臭治療

HOME > 歯周病

歯周病(歯槽膿漏)・口臭治療

歯周病(歯槽膿漏)は、沈黙の病です

歯周病(歯槽膿漏)は自覚がないまま進行し、強い口臭や歯肉(歯茎)からの出血、歯のぐらつきや違和感などの自覚症状が出たときには中度・重度にまで進んでしまっていることが多く、最悪では歯を抜歯せざるを得ない状態になっていることもあるため、「沈黙の病」と言われます。

症状が歯肉炎(歯茎の腫れ)程度の軽度の歯周病(歯槽膿漏)であれば毎日のブラッシングだけで完治させることも可能ですが、進行した歯周病(歯槽膿漏)は歯科での治療を行わない限り改善されることはありません。
また歯を支えているあごの骨(歯槽骨)の溶解が始まっていれば、治療を行っても元の健康な状態に戻すことは出来ませんので、自覚症状がないうちから定期的な歯科検診を受け、早期発見・早期治療を心がけることをおすすめいたします。

歯周病(歯槽膿漏) 歯周病(歯槽膿漏)治療 口臭治療

成人の8割が歯周病(歯槽膿漏)です

厚生労働省の調査によれば、自覚のあるなしにかかわらず、成人の8割以上の方に何らかの歯周疾患の症状が認められました。
重度の歯周病(歯槽膿漏)症状は30代から急激に増加し、虫歯と並んで歯を失う大きな原因のひとつとなっています。自覚症状がないからと安心せず、歯科医院で歯ブラシ指導や定期的な歯石除去を受けるなど、歯周病(歯槽膿漏)にならないための予防に取り組みましょう。

2005年歯科歯科疾患実施調査

歯石除去

ページトップへ戻る

口臭治療

お口の臭いが気になったら、まずは歯医者さんへ

口臭の原因にはさまざまなものがありますが、ほとんどの原因はお口の中にあります。
毎日しっかり歯磨きをしているのにお口が臭う場合は虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の可能性が非常に高く、ご家庭での口腔ケア(歯磨きやデンタルリンス、口臭対策のタブレットなど)だけでは解決出来ません。
逆に過度なブラッシングで歯肉(歯茎)などを傷つけてしまう前に、早めに歯科を受診しましょう。

お口が原因の口臭

口腔内の細菌が揮発性の硫化水素などの揮発性のガスを発するため、お口が臭います。
多くは歯ブラシの先が届かない歯周ポケットの中で細菌が繁殖している歯周病が原因ですが、歯周病(歯槽膿漏)以外にも、虫歯、不良補綴(きちんと合っていない詰め物や被せ物)や義歯(入れ歯)が口臭の原因となることもあります。また唾液が少なくお口が渇きやすいと細菌が繁殖しやすく、口臭が強くなる傾向があります。

歯科分野でも、口臭の原因によって治療法が異なります。歯科医院で診断を受け、適切な治療を行うようにしましょう。

お口以外が原因の口臭

お口以外の原因のひとつとして、内臓疾患(胃腸・消化器系の病気)が挙げられます。
虫歯やかみ合わせが悪いために租借が十分でないために消化不良を起こしている場合もありますが、胃潰瘍や糖尿病など治療が必要な病気であることも考えられます。
当クリニックでは、口臭の原因が歯科分野にない場合は併設の医科での受診もおすすめしています。

ページトップへ戻る