歯周病・口臭治療

HOME > 歯周病 > 組織再生療法について

組織再生療法について

失われた歯周組織を回復

進行すると歯を支える歯槽骨が溶解してなくなってしまいますが、薬剤などを使用して歯周組織の再生を促す歯周組織再生療法によってある程度歯周組織を回復させることが出来るようになりました。

歯周病の治療が終わった後、歯が長くなったように見えるため、治療が失敗したのではないかと心配になられる方がいらっしゃいますが、これは治療によって歯茎が下がってしまったのではなく、治療によって歯石や歯肉の腫れが取り除かれたため、本来の骨(歯槽骨)の高さに合わせて歯肉が癒着したためです。
歯肉が腫れている時にはわかりませんが、歯周病(歯槽膿漏)によって失われた骨(歯槽骨)の部分に歯肉が落ち込みますので、歯肉が正常な状態になると、骨が失われた高さの分だけ歯の表面が多く露出することになります。そのため、治療を受けたことで歯茎が下がって歯が長くなってしまったようにお感じになられるのです。

組織再生療法では膜や薬剤で歯槽骨を覆って歯肉の落ち込みを防ぎ、歯槽骨の再生を誘導して歯周組織の回復を促します。
※薬剤が骨になるのではありません。あくまでも骨の再生を誘導するためのものです。

ページトップへ戻る

エムドゲイン組織再生療法

エムドゲイン組織再生療法

歯槽骨にも再生能力がありますが、歯肉の治癒力の方が早いため、そのままでは歯槽骨が元の形に戻る前に、溶けて失われた部分に歯肉が入り込んで歯の根元が露出してしまいます(図の※1の部分)。

エムドゲインは、歯槽骨が失われた部分に薬剤(エムドゲイン)を注入することで落ち込みを防ぎます(図の※2)。エムドゲインジェルは時間が経つと吸収されますので、除去手術を行う必要はありません。

エムドゲインの代わりに遮断膜(メンブレン)を使用する歯周組織再生療法(GTR法)を行う場合もあります。

エムドゲインの安全性について

エムドゲインの主成分はエナメル蛋白(歯が作られるときに分泌される蛋白質)です。
エナメル蛋白は生理学的にヒトに類似しているブタの歯胚から抽出しますが、安全性の高い加熱製剤であること、2002年に厚生労働省の認可を受けていること、また約40カ国で使用されていますが感染症の報告があがっていないことなどから、安全性に問題はないと考えております。

ページトップへ戻る

歯周組織誘導法(GTR)

歯周組織誘導法(GTR)

歯槽骨が溶けて失われてしまった部分(図の※1の部分)に薬剤(エムドゲイン)を注入するのではなく、膜(メンブレン)を張ることで歯肉の落ち込みを防ぐ(※2)のが、GTR(歯周組織誘導法)です。

使用する膜(メンブレン)には、患者様ご自身の血液からお作りした無添加のメンブレン(完全自己血液由来)を用いることが出来ます。添加物を使用しないため、感染やアレルギーのリスクが低い安全な組織再生療法を行うことが可能です。

※症例によっては人工の吸収性メンブレンを使用する場合もございます。

医科歯科併設による感染リスクの低い組織再生療法

抽出したフィブリンゲル
抽出したフィブリンゲル

GTR法に使用する膜には(メンブレン)は、併設の医科にて採血した患者様ご自身の血液を遠心分離機(メディフュージ)にかけて作製したフィブリンゲルを平たく潰したものを使用します。

最新技術で生成した完全自己血液由来のメンブレンは添加物を一切使用しませんので感染リスクが低く、また患者様ご自身の血液の成分であることから拒否反応が起こる心配もなく、人工のメンブレンよりも再生率が高いと言われています。

※症例によっては人工の吸収性メンブレンを使用する場合もございます。

メディフュージ

メディフュージ

血液からフィブリンゲルを抽出するためには、遠心分離器を用います。
最新の遠心分離器(メディフュージ)は添加物を一切必要としませんので、従来よりも感染リスクが低い安全なフィブリンゲルを取り出すことができるようになりました。

ページトップへ戻る