歯周病・口臭治療

HOME > 歯周病 > 歯周病(歯槽膿漏)治療について

歯周病(歯槽膿漏)治療について

歯周病(歯槽膿漏)治療のゴール

歯周病(歯槽膿漏)治療のゴールは「お口の環境を改善して進行を止める」ことです。

歯肉炎を発症している程度の軽度の歯周病であれば、プラークコントロールを徹底することで完治させることが出来ますが、歯周病(歯槽膿漏)の原因菌は根絶することが出来ませんので、プラークコントロールが十分でなくお口の衛生状態が悪くなると、高い確率で再発します。
また、歯周病(歯槽膿漏)が進行して歯を支える骨(歯槽骨)が溶解して失われてしまうと、元の健康な状態に戻すことは出来ませんので、歯肉(歯茎)が下がって歯の根が長く露出していたり、歯列がガタガタになっている状態であっても治療は終了となります。

歯周組織再生療法

最新の歯再生療法を用いることで、歯周組織のある程度の回復を望める場合がございます。
歯周再生療法を行っている歯科医院は多いようですが、本来は非常に難しい治療で、良い治療結果を出すためには高い治療技術を要します。
併設の医科と連携した最新の再生療法を取り入れている当クリニックでは、他の歯科医院では難しいと言われた症状であっても歯周組織再生療法を成功させています。諦める前に一度ご相談においでください。

ページトップへ戻る

歯周病(歯槽膿漏)治療の流れ

歯周病(歯槽膿漏)治療の流れ

歯周病(歯槽膿漏)の治療は段階的に行い、原則として、検査 → 処置 → 再検査での評価 を繰り返します。進行の段階によらずプラークコントロールは継続的に行っていただきますが、重度の歯周病(歯槽膿漏)であってもいきなり歯周ポケットの中の歯石除去を行ったり外科処置を行ったりするのではなく、歯肉縁上の歯石除去(スケーリング) → 再検査 → 必要があれば歯石縁下の歯石除去(スケーリング・ルートプレーニング) → 再検査 → 必要があれば歯周外科手術 と段階的に進めて行きます。

プラークコントロールから歯肉縁下の歯石除去(スケーリング・ルートプレーニング)までを初期基本治療と言います。

歯石除去

ページトップへ戻る

歯周外科治療(歯周外科的処置)

初期基本治療で歯周ポケットの中の歯石やプラーク、感染したセメント質などを取り除いても症状が改善されない場合は、外科手術によって感染患部を取り除いたり、患部をプラークが付きにくい状態に整形したりします。

歯周外科治療には歯周ポケット掻爬術歯肉剥離掻爬手術(フラップ手術)歯肉歯槽骨整形手術があります。 外科手術を必要とする段階では歯槽骨の溶解がかなり進んでおり、炎症が治まると歯肉(歯茎)が非常に下がり、歯が伸びたようになることがあります。歯肉の下がりや歯の脱落を防ぐために、歯周再生療法を併用することもあります。

歯周ポケット掻爬術

歯周ポケット掻爬術

歯周病(歯槽膿漏)の原因菌に感染し、炎症を起こしている歯肉を取り除くことで炎症をなくす治療法です。
感染している歯根のセメント質だけでなく、感染した歯肉そのものを取り除くことで症状の改善をはかります。

歯周ポケット掻爬術を行っても症状が改善されない、または、歯周ポケットが非常に深くて除去しなければならない歯肉量が多くなる場合には、歯肉剥離掻爬手術(フラップ手術)を行います。

歯肉剥離掻爬手術(フラップ手術)

初期基本治療・歯周ポケット掻爬術を行っても症状が改善されない場合は、歯肉を切開して歯周ポケットの内側に付着した歯石や歯垢(プラーク)などを取り除く歯肉剥離掻爬手術(フラップ手術)を行います。

スケーリングやルートプレーニングは歯周ポケットに器具を差し込んで手探りで汚れを除去するため、非常に深い部分に付着した歯石や汚れが取り切れずに残り、炎症の原因となっていることがあります。
歯肉剥離掻爬手術(フラップ手術)なら、歯肉を切り開き、歯根に付着している歯石や汚れを目視しながら取り除いて行くことが出来ます。

歯肉歯槽骨整形手術

歯周ポケットや歯周組織に歯垢(プラーク)が溜まりにくい状態にするために予防的に行う外科処置です。

歯肉整形術

歯肉(歯茎)が腫れて盛り上がり、歯垢(プラーク)などの汚れが付きやすくなっている場合に行う外科処置です。歯周ポケット内に歯垢(プラーク)などが堪らないようにすることを目的として、腫れて盛り上がっている部分を切除します。

歯槽骨整形術

歯槽骨(歯を支える骨)が溶解し、表面がでこぼこになったりクレーターが出来て歯垢(プラーク)などが付きやすくなっている場合に行います。
歯槽骨の表面がでこぼこのままだと、歯肉(歯茎)との隙間に汚れが溜まりやすくなったり、メインテナンスの際に十分に汚れを落とせない部分が出来、歯周病(歯槽膿漏)の再発につながります。歯の根だけでなく歯槽骨も滑らかにすることで、再発のリスクを軽減します。

ページトップへ戻る

薬による歯周病(歯槽膿漏)治療

プラークコントロールや歯石除去と併用して、投薬による歯周病(歯槽膿漏)治療を行うこともございます。
治療薬には歯肉(歯茎)などの炎症を抑えるものと、原因となる細菌を減らすためのものがあります。
原因菌を特定する必要がありますので、市販薬を安易に使用せず、歯科医院での治療を受けるようにしてください。

ページトップへ戻る