審美歯科

HOME > 東京の審美歯科 > ダイレクトボンディングについて

ダイレクトボンディングについて

削らずに修復できるダイレクトボンディング

歯を削らずにレジンを盛り、歯の形や色を改善します
歯を削らずにレジンを盛り、歯の形や色を改善します

ダイレクトボンディングとは、お口の中で歯に直接レジン(プラスチック)を盛り、歯の色や形を整える治療法です。歯に直接レジンを塗ることで歯を削る量を減らせることが、ダイレクトボンディングの最大の特徴です。

ダイレクトボンディングに用いるレジンは保険のレジンよりも耐久性があり高品質のものですので、長期間使用していても変色がしにくいという性質があります。また、様々な色調のレジンを塗り重ねて行きますので、天然の歯に色合いを回復できる審美性が高い治療です。

ダイレクトボンディングの特徴

ダイレクトボンディング ダイレクトボンディング

1回の治療時間が長くなりますが、通院回数が少なくなります

欠けたり隙間がある歯に直接レジンを塗り重ねて行くため、1本の歯を仕上げるのに1時間以上要することがございます。
一般的なセラミック治療のように歯型の採取や冠などの技工物を作る必要はありませんので、セラミック治療よりも通院回数は少なくてすみます。

適用範囲は限られますが、歯を削る量を少なく出来ます

セラミックや金属よりも強度が劣るレジンを使用するため、欠損が大きい場合や、歯ぎしりの癖がある方にはダイレクトボンディングは適しません。
全ての症例に適用できるわけではありませんが、歯に直接レジンを盛り重ねて行きますので、歯を削る量を最小限に抑えることが出来ます。

歯科医師の技量に左右されますが、自然な歯質を再現出来ます

ダイレクトボンディングは歯科医師がお口の中でレジンを盛って形成しますので、歯科医師の技術力によって仕上がりの良さが左右されます。
しかし、さまざまな色調のレジンを何層にも塗り重ねることで天然の歯に近い自然な白さに仕上げることが出来ます。また金属とは異なって柔らかい(硬すぎない)ため天然の歯と同じようにすり減り、かみ合う歯や周囲の歯を傷めることがありません。

保険外で高価だが、セラミック歯より安価

ダイレクトボンディングは保険が適用できませんので、保険のレジンや金属を用いる補綴治療と比べると治療費が高価になりますが、セラミック治療(ハイブリッドセラミック治療・メタルボンドセラミック治療・オールセラミック治療・ジルコニアオールセラミック治療)と比べると安価で、気軽に治療を受けることが出来ます。

ダイレクトボンディングに適している症例

歯の隙間の改善

歯の隙間

歯と歯間に小さな隙間が出来ているケースでは、一般的には矯正治療で歯列全体を改善するか、前歯を削ってセラミッククラウンまたはオールセラミックラミネートベニアを取り付けて改善していました。

ダイレクトボンディングなら、レジンを盛って隙間を埋め、歯を削らずに短期間で綺麗な歯列にすることが可能です。

欠けた歯の回復・変色した歯の改善

一部欠損
一部欠損

変色歯
変色歯

歯の一部欠損や、変色歯の場合は、従来では歯を削ってセラミッククラウンを被せるか、オールセラミックラミネートベニアを貼り付けて改善していましたが、歯型を取ったり、技工物を作ったりするのに時間がかかり、数回の来院が必要でした。

ダイレクトボンディングなら、1回の治療時間は長くなりますが、最短で1回のご通院できれいな歯を回復することが出来ます。歯を削る量もセラミック治療よりは少なくすることが可能です。

ページトップへ戻る