審美歯科

HOME > 東京の審美歯科 > ホワイトニングについて

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは

オフィスホワイトニング施術例
オフィスホワイトニング施術例

ステイン(汚れ)の着色で歯が変色している場合はクリーニングやPMTCで汚れを落とすことで白くすることが出来ますが、内部まで色素が沈着して変色している歯はホワイトニング(歯の漂白)が必要になります。

薬剤を使用して行いますので、重度の歯肉炎や歯周炎に罹っている方、知覚過敏の方、妊娠中および授乳期の女性などには、ホワイトニングの施術は行いません。患者様の安全と健康のため、当クリニックでは事前に問診や検査を行い、ホワイトニングに適しているかどうかを確認しております。

ライフスタイルに合わせたホワイトニング選び

ホームホワイトニング

  • 時間がかかっても良いので、歯の透明感を失いたくない方
  • 知覚過敏や歯の白濁などのリスクを軽減したい方

オフィスホワイトニング

  • 仕上がりの美しさよりも、短期間で白くすることを優先したい方(多少歯の透明感が失われたりします)

歯肉ホワイトニング

  • 黒ずんだ歯茎も元の綺麗な色に戻したい方
    (歯周病や金属が原因の黒ずみには適しません)

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、患者様ご自身で行っていただくホワイトニングです。
ホワイトニングジェルを注入したホワイトニングトレー(マウスピース)を歯に装着し、ご自宅で、お好きな時間にリラックスしながらマイペースで行うことができるのが特徴です。

オフィスホワイトニングのように短期間で歯を白くすることは出来ませんが、濃度の低い薬剤でゆっくりと白くして行きますので、オフィスホワイトニングと比べて歯の透明度が損なわれにくく、また、知覚過敏や歯の白濁なども比較的起こりにくいというメリットがあります。

仕上がりの美しさを求められる方には、ホームホワイトニングをおすすめしています。

ホームホワイトニングの流れ

歯科医院で作成したホワイトニングトレーに薬剤を注入し、歯に装着します
歯科医院で作成したホワイトニングトレーに薬剤を注入し、歯に装着します

ホームホワイトニングは、最初に2回ご通院いただきます。
1回目には、歯やお口の状態がホワイトニングに適しているかを確認します。虫歯や歯周病が見られる場合は先に治療が必要になります。また、歯にヒビ(クラック)がある方は知覚過敏などのリスクが非常に高く、ホワイトニングに適さない場合があるため、ホワイトニングを希望される患者様には、必ず検査を受けていただいております。

検査の結果ホワイトニングが可能であれば、ホワイトニングトレー作成用の歯型を採取します。
2回目の通院時にホワイトニングトレーとホワイトニング剤をお渡し、使い方のご説明をいたします。
1日1回2時間を上限として装着していただいています。

ホームホワイトニングは、出来るだけ最低1~2日の安静期間をあけながら行われることをおすすめしておりますが、痛みなどをお感じにならなければ、毎日連続して行っていただけます。
お口の中に違和感があれば、すぐにホワイトニングを中断してください。

ご注意ください

ホームホワイトニングの効果

効果には個人差がございます。ほとんどの方は歯の色が改善されますが、歯質によっては、ほとんど変化しないこともございます。
また同じ患者様であっても、部分的に変色の度合いが異なることがございます。神経が残っている歯と残っていない歯では効果が異なりますし、歯質やだ液の量などによっても部分的に異なった色の変化をすることがございます。

歯の本来の色の違いもございますので、必ずしもご希望通りの白さになるとは限らないことをご了承ください。

持続期間・後戻り

ホワイトニング施術後そのままにしておくと再び変色が始まり、2年~3年程度で施術前の色に戻ると言われています。喫煙される方や、コーヒーや紅茶、カレーなど着色しやすい食べ物を好まれる方は、標準よりも色の後戻りが早くなります。
1年に1回程度ホワイトニングを実施されると、綺麗な歯の色を持続させることが出来ます。

知覚過敏、歯の白濁など

ホワイトニング施術中に知覚過敏などが起きることがございます。歯や歯肉、舌などに痛みを感じた場合は速やかにホワイトニングを中断して、担当の歯科医師にご相談ください。(無理に継続すると歯の神経が死んでしまうことがあります。)
また、歯質によっては歯の透明感が失われたり、白濁が残る場合もございます。予測が出来ないことですので、リスクについてもご理解をいただいた上で施術の可否をご判断ください。

ホームホワイトニング剤の安全性について

ホワイトニング剤

当クリニックでは、厚生労働省の認可を受けたホワイトニング剤(ウルトラデント社のオパールエッセンス)を使用しております。
他社製品と比べて粘度が高いため、ホワイトニング剤が漏れるリスクが少ないことが特徴です。

安全なホワイトニング剤ですが、保管可能期間(未開封状態で約3ヵ月)を過ぎた薬剤は劣化の可能性がありますので、期限を過ぎた薬剤はお使いにならないでください。

ページトップへ戻る

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院で専用の機器を使って行うホワイトニングです。歯に塗布したホワイトニング剤に光を当てて活性化させ、短期間で歯を白くします。
1回の施術でもホワイトニング効果がありますので、すぐに歯を白くしたい方に適しています。

ホームホワイトニングよりも濃度の高い薬剤を使用しますので、歯の透明度が失われて白濁することがあります。
白濁は時間が経つとほとんどは消えますが、より美しい仕上がりを希望される方は、ホームホワイトニングをお選びいただくことをおすすめします。

オフィスホワイトニングの安全性について

当クリニックで使用しているオフィスホワイトニングシステムは、歯や歯肉へのダメージを最小限に抑えることが出来る「ビヨンドオフィスホワイトニング」です。
体に優しいだけでなく、充分なホワイトニング効果を得られることが実証されていますので、安心して施術をお受けください。

ビヨンドオフィスホワイトニング

ビヨンドオフィスホワイトニング
照射光の発熱をカットし、歯へのダメージを最小限にできる最先端のシステムです。

オフィスホワイトニングの流れ

オフィスホワイトニングの流れ

1回20分の時間をかけ、上顎前歯8歯・下顎前歯8歯を対象として行います。
詰め物や被せ物を白くすることは出来ませんので、患者様ご自身の歯にのみ施術いたします。

ホワイトニングの前には基本的な検査を行い、必要であれば虫歯・歯周病治療を行います。
歯石やステイン(タバコのヤニや茶渋などの汚れ)が付着している場合は、クリーニングで歯の表面を綺麗にします。汚れたままの歯にはホワイトニングを施すことが出来ません。

オフィスホワイトニングの効果

効果には個人差がございます。ほとんどの方は1段階程度(1シェード)色が白くなりますが、患者様によっては、ほとんど変化しないこともございます。
また同じ患者様であっても個々の歯質によって色の変化が異なり、ご希望通りの色に仕上がらないことがございます。神経を除去した歯は神経が残っている歯よりもホワイトニング効果が劣りますし、歯質や歯の状態などによっても部分的に異なった色の変化をすることがございます。

歯質による色むらが気になる方は、セラミック治療での改善をおすすめいたします。

持続期間・後戻り

ホワイトニング施術後そのままにしておくと再び変色が始まり、2年~3年程度で施術前の色に戻ると言われています。喫煙される方や、コーヒーや紅茶、カレーなど着色しやすい食べ物を好まれる方は、標準よりも色の後戻りが早くなります。
1年に1回程度ホワイトニングを実施されると、綺麗な歯の色を持続させることが出来ます。

知覚過敏、歯の白濁など

オフィスホワイトニングはホームホワイトニングより濃度の高い薬剤を使用しますので、知覚過敏や歯の白濁などのリスクが比較的高くなります。

施術中に歯や歯肉がしみたり痛んだりした場合は、担当の歯科医師にご相談ください。
また、よりリスクの低いオフィスホワイトニングを希望される方は、ビヨンドオフィスホワイトニングをお選びください。

歯の白濁については、一般的には数日で元に戻りますが、患者様によっては白濁が残ったままになることもございます。
メリットと同時にデメリットやリスクについても説明を受け、ご判断ください。

ページトップへ戻る

歯肉ホワイトニング

歯肉ホワイトニング施術例
歯肉ホワイトニング施術例

歯だけではなく、歯肉(歯茎)の黒ずみもホワイトニングで改善することが出来ます。

歯肉(歯茎)の黒ずみの原因の多くは、皮膚の日焼けと同じく、メラニン色素の沈着による変色です。
歯肉ホワイトニングは美顔ピーリングと同じように、専用の薬剤(フェノール薬液)を使ってメラニン色素が沈着している表面を取り除いて元の綺麗なピンク色を取り戻します。

せっかく歯を白く美しくしても、歯肉(歯茎)が黒ずんでいては口元の美しさが半減します。
歯のホワイトニングやセラミック治療の仕上げとして、歯肉ホワイトニングをおすすめしています。

歯肉ホワイトニングの流れ

歯肉ホワイトニングの流れ

歯肉ホワイトニングの所要時間は、約10分です。上下顎同時に行います。

歯肉に直接薬剤を塗布しますので、最初に表面麻酔を行います。
ホワイトニング後、数日から1週間程度で歯肉の表皮が剥がれて来ます。

ご注意ください

歯肉ホワイトニングの効果

これまで当クリニックで歯肉ホワイトニングを受けた方のほとんどは、黒ずみが消えたり薄くなるなどの効果が見られましたが、個人差があるため、ごく稀にほとんど変化のない場合もございます。
また、同じ患者様でも、部位によって色の変化が異なる場合もございます。

持続期間・後戻り

歯肉の黒ずみ(メラニン色素沈着)は、タバコやコーヒー、カレー、また歯ブラシの摩擦や、口呼吸によって直接空気にさらされるなど、歯肉が刺激を受けることによって起こる防御反応です。
日常生活の中で刺激を受けてメラニン色素の沈着が始まりますので、ホワイトニング後そのままにしていると、2~3年程度で再び黒ずんで来ます。

後戻りが気になる方は、定期的に歯肉ホワイトニングを受けられることをおすすめいたします。

歯肉の変色・痛み

歯肉の変色・痛み

施術直後の歯肉は、白っぽい色をしています。
白くなっている部分が3~7日経つとかさぶたのように剥がれ、その下に出来ている新しい歯肉の表皮が現れ、元のピンク色の綺麗な色に戻ります。

歯肉ホワイトニングが適さないケース

歯肉ホワイトニングは、メラニン色素の沈着が原因の黒ずみの除去に有効です。
歯周病(歯槽膿漏)などの歯茎の腫れが原因の変色や、歯の詰め物や被せ物に含まれる金属が原因の変色には適しません。

ページトップへ戻る