予防歯科

HOME > 予防歯科

予防歯科

「治療」よりも「予防」を

虫歯や歯周病(歯槽膿漏)は、予防することが可能です。
また虫歯も歯周病(歯槽膿漏)も、早期発見・早期治療によって歯を残せる可能性が高まります。

そのため、当クリニックでは歯の痛みや歯肉(歯茎)の腫れなどの自覚症状がない方でも、定期的に虫歯・歯周病(歯槽膿漏)のチェックを受けられることをおすすめしています。
特に小さなお子様の場合、痛くなる前に「歯医者さん通い」を習慣づけることで、「歯医者は怖い」「歯の治療は痛い」という歯医者嫌いをなくせるというメリットがあります。

吉祥寺セントラルクリニックのリコール(定期検診)

当クリニックでは、虫歯予防や歯周病予防を目的としたリコール(定期検診:定期的に歯のメンテナンスを受けていただくこと)を実施しております。
定期的にお口の中を見せていただくことで、虫歯や歯周病(歯槽膿漏)を早期発見することが出来ます。
特にセラミック治療やインプラント治療を受けられた方は、長くセラミック歯やインプラントをお使いいただくために、メンテナンスを受けることをおすすめしています。

保険治療の虫歯検査+歯周病検査+スケーリング(歯石除去)

まず最初に、虫歯および歯周病検査を受けていただきます。お口の中を拝見し、パノラマレントゲンの撮影を行います。歯石が溜まっている方は、歯石除去(スケーリング)も行います。
虫歯治療・歯周病治療の一部となりますので、保険が適用されます。初診費用・レントゲン費用を含め、保険3割負担で約3,500円です。

PMTC

Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、資格を有する専門家(主に歯科衛生士)が専用の機器を使って行う歯のクリーニングです。毎日の歯磨きだけでは落ちない汚れを機械的に落とします。
保険が適用されませんので、保険外で5,000円(税抜)となります。

歯周ポケットの中の汚れも落とすことが出来ますが、歯石の除去や歯に沈着した色素を落とすことは出来ません。ブラッシング(歯磨き)の補助的なものとお考えいただき、歯石除去をご希望の方は別途スケーリングをお申し込みください。

フッ素塗布

フッ素により歯の再石灰化を促し、エナメル質を強化して虫歯になりにくい歯を作ります。
一般的にはお子様の虫歯予防としてフッ素塗布を行っておりますが、当クリニックではホワイトニングやクリーニング、PMTCの仕上げとしてフッ素塗布を希望される患者様も大勢いらっしゃいます。

虫歯予防としてフッ素塗布を希望される場合は、3カ月に1度程度のご来院をおすすめいたします。
フッ素濃度が低い市販の歯磨きペーストやフッ素洗口剤で毎日お口のケアをしていただき、年に3~4度歯科医院で高濃度のフッ素塗布をされるのが効果的です。

フッ素の効果と安全性について

フッ素による歯の再石灰化は微量ですので、フッ素で治せる虫歯はごく初期のものに限定されます。進行した虫歯は一般的な虫歯治療が必要となりますので、ご注意ください。
虫歯予防に最も大切なことはプラークコントロールです。フッ素塗布だけでは予防効果は制限されますので、毎日のブラッシング等のプラークコントロールをしっかりと行うようにしてください。

またフッ素の安全性についての質問を受けることがありますが、フッ素はお茶や紅茶にも含まれている自然の元素で、一度に大量に摂取しない限りは影響を与えることはございません。(本来は人体に必要な元素です)
体内に取り込まれにくい上短時間で体外に排出されるという性質を持ち、一部のフッ素は唾液中のカルシウムと結合してフッ化カルシウムという無毒な物質に変わりますので、よほどの量を一度に摂取しなければ、ご心配なさる必要はありません。

ページトップへ戻る

メンテナンス

メンテナンスとは、歯科医院でお口のケアを行うことです。
当クリニックではセラミック歯やインプラントの保証制度に加入された方には必ず定期的にメンテナンスを受けていただいておりますが、虫歯や歯周病の予防に最も効果があるのがメンテナンスです。

プラークコントロール

メンテナンスの目的は、プラークコントロールです。
プラークコントロールとは、お口の中に虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の原因となるプラーク(歯垢)が溜まりにくくなるようにすることです。

プラークは食べ物のかすではなく、細菌の塊です。ねばねばと歯の表面に貼りついているプラークは、マウスウォッシュで口をすすぐだけでは除去できず、ブラッシング(歯磨き)を中心としたプラークコントロールをしっかりと行うことが大切です。

プラークコントロールは患者様ご自身で行っていただくブラッシング(歯磨き)がメインとなりますが、ブラッシング(歯磨き)では落とせない汚れは歯科医院で行うクリーニングPMTCで落とす必要がありますし、磨き残しから歯石がたまって来ていれば、歯石除去(スケーリング)を行う必要があります。

クリーニング

クリーニング

歯の表面に付着した汚れ(茶渋やタバコのヤニなどのステイン)を除去する審美的な処置です。当クリニックでは、塩水を吹きかけて汚れを落とすジェットと言う洗浄器と、超音波で汚れを落とす超音波スケーラーを使ってクリーニングを行っています。

1回のクリーニングは約20分で、汚れ(ステイン)の付着状態によっては数回のご通院が必要となることもございます。
また、クリーニングでは歯石を取り除くことが出来ませんので、ほとんどの患者様はクリーニングと歯石除去(スケーリング)を同時にお申し込みになられています。

PMTC

PMTC

Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、資格を有する専門家(主に歯科衛生士)が専用の機器を使って行う歯のクリーニングです。毎日の歯磨きだけでは落ちない汚れを機械的に落とします。

歯周ポケットの中の汚れも落とすことが出来ますが、歯石の除去や歯に沈着した色素を落とすことは出来ません。ブラッシング(歯磨き)の補助的なものとお考えいただき、歯石除去をご希望の方はスケーリングをお申し込みください。

※歯石が付着している場合は、PMTCを行うことが出来ません。まず最初に歯周病検査とスケーリングを受けていただく必要があります。

歯石除去(スケーリング)

歯石除去(スケーリング)

磨き残したプラークは時間が経つと石灰化して歯石に変わり、ブラッシングでは落とせなくなります。
歯の表面にこびりついた歯石はクリーニングやPMTCでは除去できませんので、超音波スケーラーや手動のスケーラー(ハンドスケーラー)を使うスケーリングで取り除いて行きます。

歯石自体は虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の原因とはなりませんが、歯石が付着していることで歯垢が溜まりやすくなり、虫歯や歯周病(歯槽膿漏)の発症リスクが高まります。
また歯周病(歯槽膿漏)治療は、プラークコントロールと歯石除去が中心となります。

歯石除去(スケーリング)

ページトップへ戻る